年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
有馬 春志ありま はるし

サービスルーム 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年6月27日

不動産流通システムの有馬でございます。

休日に某自然公園をウォーキングしながら新緑の下できれいな空気に浸ってリフレッシュしました。

暑い時期になってきましたが、木陰に入って涼しさを感じる理由は、日光をさえぎり日陰を作るうえに、蒸散(植物体内の水が水蒸気として空気中に排出される現象)によって回りの熱を奪い、温度を下げているからです。

マンションで見かける「サービスルーム(=Sと表記)」には本当の「納戸」もありますが、中には窓もあり「なぜ個室じゃないの?」と思う部屋もあります。また同じ間取りなのに、上階では「洋室」、下階では「サービスルーム」と呼び方が変わっているケースも見かけます。

 

理由は、建築基準法上で居室扱いにできないからです。

建築基準法では、人が長い時間過ごす部屋を居室と呼び、採光や換気を行う窓の面積の最低ラインを定めています。採光条件は部屋の床面積の1/7以上となっていますが、窓の目の前に階段やエレベーターがあって影になるようであれば、その部分は有効面積にカウントできません。そのように居室としての基準を満たしていない部屋を「サービスルーム」と呼び、居室と分けています。

ちなみにトイレ、洗面所、浴室、キッチン、収納、玄関、廊下等は居室扱いになりません。

 

サービスルームは建築基準法上の「居室」ではないため、設計段階で居室と同じような設備を設けないよう行政指導されるケースがあります。すなわちテレビや電話回線を引いていない、空調設備を設けられない等、普通の部屋とは異なる点もありますので注意してください。

サービスルームを居室として使用することはできますが、エアコンを付けられない場合がありますのでご注意ください。

一戸建でも納戸表記になっている部屋がありますが、これも採光条件を満たしていないため、居室としての表記ができないからです。構造が木造の一戸建の場合は、エアコンの取付は難しくありませんが、エアコン専用の電源があるのか確認が必要になります。

その他、間取図に「DEN(書斎や隠れ家)」や「フリールーム」等の表記も、基本的には納戸やサービスルームと同じ扱いになっていることが多いです。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る