年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
谷辺 英一郎たにべ えいいちろう

不動産広告のお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年6月26日

不動産会社の営業の仕事の大部分は「集客」と良く言われています。
とにかく、多くのお客様を集める事が、より多くの「成約」に繋がるという事で
不動産会社は「集客」の為、多額の広告費を投入します。
社員は、より高い費用対効果を求められます。
今では、ネット広告が主流ですが、その他、チラシなどの紙媒体、また現地でのオープンハウスなど販売会なども行います。

ネット広告では、SUUMOやHOME’Sなどの不動産サイトや、自社のホームページへの掲載が主流ですが
皆様、こう言った不動産サイトをご覧になられて、お気づきになった事がありませんでしょうか?
【同じ物件がいくつも列をなして並んでいる】
色々な業者がそれぞれ、同じ物件の広告を載せているのですが、多い物ですと、20社以上が掲載していて
画面をスクロールして1ページ全て同じ物件・・・なんて事もめずらしくありませんね。
これって 見ていてあまり心地のよいものではありませんよね。
なぜ、こんな事が起こるのか。

不動産広告に物件を掲載するためには、必ず、その物件の売主、または売主から直接媒介契約を結んでいる仲介業者(元付業者と呼ばれます)から、「広告掲載の許可」を取らなければなりません。
この許可を取らず、勝手に広告掲載すると、すぐにクレームが飛んで来たりしますし
時にはサイトの運営会社へクレームが入り、これがあまり頻繁だと、広告掲載自体を断られる事もあります。
ですから、広告掲載をする際は、必ず許可を取るというのは業界のルールなのですが・・・
ところが、この広告承諾が、なかなか取れないのです。
一般個人の方が売主である物件の場合、元付業者は自社のみで広告掲載したいので、まず許可を出しません。
また、建売住宅やリノベーションマンションなど、売主が不動産業者の場合。
なぜか、SUUMO、HOMES、YAHOO不動産、アットホームといったメジャーな媒体はダメ。という業者がほとんどなのです。
ですが、中には「何でもOK」と言ってくれる快い業者もありますので、そんな物件がずらりと並んでしまう訳です。
ここで、【REDS】の仲介手数料サービスの「コソコソ噂話」(?)
こうした、SUUMOなどで、ずらりと並ぶ物件の場合、【REDS】では仲介手数料が無料になる確率が高いです。

ちなみに、弊社【REDS】では、売却のご依頼を承った場合、弊社での広告掲載はもちろん、他社さんにも遠慮なく掲載をお願いしております。
そうする事によって、より早く買主様が見つけられれば それこそ大団円でございます。

カテゴリー:

売却のフォームへの遷移版 売却のフォームへの遷移版

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。 お客さまの喜びの声が続々

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元

・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルはマスコミからも注目されています。「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各種媒体でも紹介されています。年中無休で営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら:0800-100-6633  LINEでも受付中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る