年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
猿見田 修さるみだ おさむ

専任媒介で売却の依頼を受ける理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年7月12日
公開日:2021年6月11日

仲介手数料が『無料もしくは割引』の【REDS】不動産流通システムの猿見田(さるみだ)と申します。

不動産業界の内情を描いた『正直不動産』という漫画が人気を博しておりますが、お読みいただいた方も多くいらっしゃるかと思います。

 

その1巻・第3章に『囲い込み』という、ストーリーが描かれております。

 

不動産を売却する際は、個人の方が不動産会社に売却の依頼をします。

 

その際、売却依頼の契約の締結方法は、3つあることは、弊社のホームページをご覧のみなさまはご存じかもしれません。

 

『正直不動産』のエピソードの中で、ウソをつくことができなくなった営業マンは、一般媒介で売却することをすすめています。

 

一般媒介はいくつもの不動産仲介会社に、売却を依頼するという手法です。

多くの会社に依頼することで、より多くの買い手の窓口ができ、その中から、売主様にとって、より良い条件の方を選ぶことができる、ということが、主人公がすすめていた大きな理由となります。

 

では、正直に、公明正大に、営業をしている、弊社は、どのようなスタンスでしょうか。

 

実は、弊社は専任媒介という媒介契約のスタイルをとっております。

専任媒介は、売却に際し、一社のみに売却の仲介を任せます。

 

『正直不動産』に描かれていることが、本来のお客様本位の姿勢なのでは、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ご売却をご検討されていらっしゃる方の中には、より高く売れるのであるなら、一般媒介を希望したい思われることかと思います。

 

しかし、お客様本位の考えがあるからこそ、弊社は専任媒介をおすすめしています。

 

また、他社様と弊社では、専任媒介を取りたい理由に大きな違いがあります。

 

一般媒介は複数の業者が販売活動を行うため、せっかく請け負って、様々な売却活動を行ったとしても、自社の利益にならない可能性があります。

 

不動産会社にとって、利益損失のリスクが高い取引が一般媒介による売却です。

その点におきましては、他社様も弊社も同じです。

 

営利企業にとって、限りある費用を掛け一生懸命に仕事をしたにもかかわらず、利益ゼロというわけにはいきません。

 

【専任媒介を取りたい理由:他社様と弊社の違いについて】

 

×他社さんは囲い込みを行う会社もございます。(自社に来たお客様しか、ご売却の物件を紹介しない)

→高くも売れず、早くも売れない。企業利益のみの追求。

→両手仲介をすることで、一回の取引で利益が2倍。

→売り手と買い手の両方の仲介であるため、利益の反する両者の間に立っている。

 

〇弊社は、売却の依頼を受けましたら、世のすべての仲介会社様に速やかに情報を公開し、買い手のお客様をより多くの他社様からご紹介いただきます。

売主様側のみの仲介に専念し、両手仲介を決して行わず、売主様側だけの利益を考えればよいので、より高く売れる。かつ、すべての仲介会社のお客様にご紹介することになりますので、より早く売れる、というわけです。

 

 

〇さらに弊社では、お取引の内容によっては、売却で発生する仲介手数料も割引させていただきます。(企業努力による、営業経費の圧縮により)

 

※弊社では、割引の仲介手数料、不動産取引士による、安心・安全、プロのフルサービスが受けられます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。猿見田

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る