年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
谷辺 英一郎たにべ えいいちろう

許すまじ!おとり広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年6月5日
公開日:2021年6月4日

湘南、大磯在住の谷辺です。私のブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。

このところ、不動産ネタから少し外れた内容になっており、少々反省気味です。

今日は、ここ最近で目に付いた【不動産広告】について、個人的にイラッとした事を。

 

お客様から弊社へのお問合せの多くが、SUUMOやHOME’Sなどの不動産サイトの他社で掲載している物件についてのお問合せです。

国から宅建免許を得て営業を行っている不動産業者は、お客様から売却のご依頼を頂くと

その物件情報を、国道交通省が管轄している不動産業者専用のデータベース「不動産流通機構(REINS)」へ登録する事を義務付けられています。

REINSに登録されている情報は、日本全国の不動産業者が閲覧し、各業者のお客様へご紹介する事が出来る仕組みです。

ご依頼を受けた不動産を早期に成約に至るため、広く買主様を募るのがその目的です。

ですから、お問合せ頂いた物件の情報は、全てREINSに登録されていないとおかしい訳です。

ところが、広告には出ているが、REINSには登録されていない物件がいくつもあります。

広告掲載している業者へ問合せると、「うちの専任物件じゃない」「担当者がいない」などと色んな理由をつけて、弊社でのお客様へのご紹介はさせてもらえない結果になってしまいます。

そもそも、お客様から大事な資産である不動産の売却を依頼されたのであれば、少しでも早く買主様を見つけて差し上げたい・・・と考えるのが、私達 不動産業者の本望のはずです。

ところが、弊社のホームページやエージェントのブログにも有ります様に、

お預かりしている不動産情報を自社のみで広告宣伝し、他社には紹介させない。俗に言う「抱え込み」を行っているケースが、まだまだ多数ございます。

仲介手数料を売主様からだけではなく、買主様からも頂き「両手仲介」を狙っての事、

営利企業ですから、分らなくはありませんが、いつまでそんな事やってんだ・・・と呆れてしまいます。

これは、これで不動産業者として、あるまじき行為ですが、今日私がお伝えしたいのは

さらに悪質です。

 

お客様から、ある収益物件のお問合せを頂き、早々にREINSで検索しましたが、登録が無い。

広告掲載している業者へ問合せたところ「自社の媒介物件じゃない」との事で情報が手に入りませんでした。

仕方なく、お客様へは弊社でご紹介が叶わない旨お知らせいたしました。

後日、そのお客様からご連絡があり、件の物件、広告掲載の業者へ問合せしたところ、すでに成約になってしまったとの事でした。

私もそのネット広告を確認いたしましたが、その時にはすでに情報が削除されていました。

これは、決して偶然ではなく、すでに売れている物件を意図的に広告掲載して集客する、いわゆる「おとり広告」です。

昨今は、不動産広告の主流はネットで、掲載も削除も簡単ですので足が付きにくいため、確信犯の業者がまだまだ存在しています。

 

私は、永く携わっているこの不動産業に、誇りとやりがいを持って取り組んでおります。

未だに残る、この業界の悪しき旧態が一層される日を待ち望む次第でございます。

 

 

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る