年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
渋谷 祐介しぶや ゆうすけ

ご購入の流れ 5.【物件を探す・物件を紹介してもらう】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年9月6日
公開日:2021年5月28日

こんにちは。

仲介手数料最大無料【REDS】不動産流通システムの渋谷です。

 

今回は物件の探し方と不動産業者に物件を紹介してもらう方法をお伝えいたします。

〈物件の探し方〉

①不動産ポータルサイトで検索する。→スマートフォン、パソコンでも検索できますし、Webサイト運営会社がチェックしているので、安心して検索することができます。

メリット:1.情報量が多い 2.写真や文字情報が多く、わかりやすい。

デメリット:1.同一物件が3~50件くらい掲載されている場合がある。2.成約済のまま掲載されたままになってしまっている物件もある。3.写真を加工している可能性が高く、実際に内覧した時とのギャップがうまれる。

②不動産会社のWebサイトで確認する。

メリット:1.地域密着型の会社が多いので、探しているエリアで、広く情報を得ることができる。2.重複している物件がないので、探しやすい。

デメリット:1.会社ごとのWebサイトを定期的に調べるのに時間を多くとられる。2.未公開物件情報を閲覧するために、Webサイト上の会員登録をすると営業から、しつこく電話がかかってくるケースもある。3.未公開物件情報はなく、一般に出回っている物件と変わらない。他にない物件だとしても成約済のものが多い場合がある。

 

〈不動産会社に物件を紹介してもらう〉

①大手不動産会社・中堅会社に来店、電話で相談する。

メリット:特にメリットは無いです。Webサイトに掲載されている物件と情報は同じです。また、コンプライアンス上、これから売りにでる可能性がある物件についての話はしてくれません。

デメリット:1.担当者によってレベルの差が激しい。良い担当者に当たらないと、そのつど『上司に確認します。』と、不安になるし、時間がとられる。2.一度、来店すると、夕方頃に週2回位の頻度で、特に目新しい物件の情報はないのに、無意味な電話がくるようになるケースもある。3.連絡手段が、電話・郵送・メール・訪問・FAXという連絡ツールしか使っていないので、連絡が取りづらいし、遅いと感じる人も多い。※Line、ショートメールは使わない会社が多い。

②地元の不動産会社に来店、電話で相談する。

メリット:特にメリットは無いです。ベテランで、人当たりが良く、地元の話もしてくれる社長も多いので、面白いとは思います。

デメリット:1.本当に売り物件なのか、怪しいような物件を紹介してくるケースもある。これから、売りにでる予定の物件だからと紹介されるが、半年経っても売りにでないケースもある。2.社有物件を強く勧められる。希望条件と違う場合でも、強く斡旋してくる。3.社有物件の場合、物件内見した後すぐに、申し込みだけでなく、同日に売買契約を求められるケースもある。

【まとめ】

不動産ポータルサイトを中心に物件を探し、希望エリアの駅周辺の不動産会社のWebサイトも時間がある時にチェックして探すようにしましょう。また、賃貸物件を探す時のように不動産会社を何軒も回る必要はありません。(※賃貸物件は大家様が自ら貸主として募集しているケースがあるため)

物件情報は不動産業者しか閲覧できないレインズというWebサイトに掲載されており、全ての不動産会社で、情報共有できる仕組みになっております。物件情報ご希望される場合は、弊社、不動産流通システムのWebサイトから、ご希望条件を入力していただき、お問い合わせください。

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る