年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
魚谷 知道うおたに ともみち

もう少し、深堀! -公道と私道-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年5月25日

みなさん

 

こんにちは

仲介手数料が《無料もしくは割引》の不動産流通システム<REDS>の魚谷です。

 

今回は「もう少し、深堀!」シリーズを第9弾。―公道と私道-

 

公道とは、国、地方公共団体が所有していて、維持・管理責任を負っている道路。

 

 また、私道とは、それ以外の道路となり、建築基準法上の道路で、

国・地方公共団体以外の私人が所有権を有している道路として

言われていることが多いようです。

 そのため、国や地方公共団体が維持・管理している道路であっても、

所有者が国でも地方公共団体でもない場合は、私道として扱います。

(公道扱いの私道)

 ・区道、市道の認定を受けている私人所有道路

 ・土地区画整理法、都市計画法に基づき行政の認可を得て開発・造成

 された分譲地内の道路で、私人が所有しているもの

 

 国・地方公共団体が所有していても、相続税物納物件、税金の滞納処分により

国・地方公共団体が取得したものについては、私道であることがあります。

 

 公道と私道。一見、所有者だけで判断しがちになってしまいますが、

実はちょっと奥が深いものになります。

 

最後までごらんいただきまして、ありがとうございます!

 

不動産流通システム<REDS>

魚谷

 

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る