年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
三堀 雅人みつぼり まさと

AI(人口知能)と不動産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年5月21日

コロナ禍以降、少しづつではありますが、働き方も変化してきたおり、テレワーク推進や在宅勤務を推奨する企業も増えてきておりますが、まだまだ書類ベースで仕事をしていたり、FAXを使っていたりする企業はいまだに多くあります。私どもの不動産業界はについても、残念ながら他の業界よりもテレワークや在宅勤務導入が難しくまだまだアナログな業界ではあります。

また昨今、様々な業界にてAI(人口知能)の導入が進められておりますが、不動産業界は最新技術の導入が遅れており、生産性が低いままではあります。

不動産にはさまざまなデータが存在しています。主に売却については「公示地価」「基準地価」「路線価」「築年数」「最寄駅からの距離、徒歩時間」など多くのデータを基に金額の設定を行いますが、最後は先述した経験と勘に頼る傾向が多く、有効活用にまでいたっていません。そのため、業者や個人によって金額が変わってきてしまうケースが多くみられます。

その中でAIの活用においては戸建よりもマンションの方が最適ではあります。AIって何だろう?難しそうだけど調べてみたらすごくシンプルだった件。 | Team Factory AI

戸建て住宅の査定をAI査定で行う場合には、参考価格程度にとらえることが望ましいです。なぜなら、一戸建て住宅の価格決定要素は大変細かく、AIに保存されているデータでは計算し切れない面があるからです。たとえば一戸建て住宅の敷地が、南向きの角地と北向きの中間画地とでは、評価額にかなりの違いが出ます。しかし、AI査定では敷地の道路付けに対応していないアプリが多いのです。さらに注文建築で建てられた一戸建て住宅に、デザイン・機能・性能などで、標準的な住宅とは異なる価値のある物件が多く、AI査定ではこのあたりも評価に反映することができません。分譲マンションの査定は、AI査定との相性がよいと言えます。都心部では物件データが多く、同一マンション内での成約事例などがある場合もあります。
マンションは一戸建てと異なり供給業者が少なく、建物としての品質や性能にあまり格差はありません。デベロッパーによってはグレードにより複数のシリーズを供給している場合もありますが、せいぜい2グレードぐらいであり、参考になる成約事例に困ることはないでしょう。マンション査定価格に影響を及ぼす大きな要素は、「立地条件」と「築年数」です。AIから瞬時に出される算出価格は、人間が数十分かけて計算する結果とあまり差がなく、早く正確な査定結果を導き出せると言ってよいものです。
ただし、AI査定も万能ではないことは言うまでもありません。

また上記の話はあくまでも、不動産売却におけるものではあります。

供給があれば需要もあるわけで、つまりは不動産を探されている購入者に対してのAI活用が何処まで有効かは未知数になります。こと、戸建を探されている消費者にとっては現状ではAI活用にはまだまだ課題は多く、不動産業界のデジタル化、AI化を推し進める為にも改善が待たれます。

そんな中、私どもの【REDS】不動産流通システムはコロナ禍以前から不動産業界では珍しい、社員は在宅勤務を積極的に活用しており、コロナの感染のリスクが少なく、働きやすい環境にあり、それはお客様にとっても安心に繋がることではありあます。

 

話は少し変わり、昨年の流行語大賞にノミネートされた【AI超え】

これは将棋の神の子、当時17歳と10ヶ月の藤井聡太七段が昨年のタイトル初挑戦の棋聖戦五番勝負の第二戦、相手は当時現役最強で【魔王】と称される渡辺明三冠、藤井聡太七段が指した58手目の「3一銀」。この手は指した当初は最善手の一番手ではなくAIに6億手読ませてやっと最善手と表示されたといのは、あまりにも有名ではあります。

つまりAIよりも精度や読みの速さ優れていたということで、当時はリアルタイムで騒がれていました。ただこれは受けの手であり、実はそれよりも遥かに人間では思い浮かばない、プロ棋士にも思い浮かばない、仮に万が一浮かんだとしても指せない「4一銀」というのが将棋ファンには語り継がれているのはご存じでしょうか。

今年の3月23日に行われた竜王戦2組ランキング戦準決勝の松尾歩八段戦で放たれた藤井聡太二冠(現在)の【神の手の4一銀】、人間には恐怖という感情があり、一切の感情を持たないAIだからこそ最善手として示させる、この「4一銀」を18歳の少年が指した事は多くの将棋ファンを驚愕させ感動させる一手で永く語り継がれること間違いありません。

 

 

 

 

 

 

話は戻り、若干17歳の少年が初タイトルの棋聖獲得後の記者会見で記者からの質問に答えた藤井聡太新棋聖は【将棋界はAIと共存の時代に入った】と語っております。

またこうも語っています。【どんなにAIが発展しようと、盤上の物語は不変です】と語られました。

先日の5月13日、名人への道、順位戦B級1組三浦弘行九段戦でAI評価値20%対80%の敗戦濃厚の状況から深夜23時の大逆転劇には冷や汗でしたが、今月31日の叡王戦二回戦は安心して観戦したいところです。ただ相手は永瀬拓矢王座そう簡単にはいきそうもありませんが、AI評価値に一喜一憂しながら全力で応援します。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る