年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
南村 匡麗なむら まさかず

住宅ローンの基礎②借入額について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年5月13日
公開日:2021年5月7日

皆様、こんにちは

不動産流通システムの南村(ナムラ)です。

 

住宅ローンの基礎を今回もお話致します。

住宅ローンを組むときに「いくら借りられるのか」「いくらなら無理がない額か」

と悩む声を聞きます。

銀行によってまちまちとなりますが、おおむねご年収の7倍~8倍となっております。

 

借入額を多くすればその分高い家を買うことができますが、毎月の返済の負担が大

きくなってしまいます。逆に借入額を少なくしすぎると、満足できる家を手に入れ

られないかもしれません。

 

ここで参考になるのが「返済比率」という考え方です。

返済比率とは、「ローン返済額が収入のどのくらいの割合を占めるか」を表した数値です。

基本的には年間の返済額と年収で計算します。

 

ご年収の25%前後で考える方が多いようです。

 

住宅ローンの借入額を決めるときは、まずは目安を出発点として、そこに将来のことを

加味して、毎月の返済が大きな負担にならないゾーンを探していきましょう。

 

REDSでは仲介手数料割引~最大無料となります。

当社ではより高い物件がお探しできます。

 

その際は是非、私、南村までご相談ください。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る