年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
南村 匡麗なむら まさかず

住宅ローンの基礎①種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年5月13日
公開日:2021年4月30日

皆様、こんにちは

不動産流通システムの南村(ナムラ)です。

 

本日は、住宅ローンについてのお話をします。

 

住宅ローンの種類は大きく分けて3つの種類がございます。

 

1・固定金利型

 

固定金利型は返済開始当初から完済まで金利が確定していて借入金利が変わら

ないタイプの住宅ローンです。

市場金利が変動した場合でも借入金利は変わりません。そのため返済額も変動

しないので家計管理がしやすく、返済計画を立てやすいのが特徴です。

ただし、下記で説明する変動金利型や固定金利期間選択型と比較すると、同じ

タイミングで借入れる場合には固定金利の方が借入金利は高く設定されること

が一般的です。

 

2・変動金利型

 

変動金利型は返済期間中に定期的に金利が見直されるタイプの住宅ローンです。

市場金利が上昇すれば住宅ローン金利も上がり、市場金利が下落すれば住宅

ローン金利も下がります。

変動金利型は原則として年2回金利が見直されますが、元利均等返済の場合、

返済する金額自体は5年ごとに見直されることが一般的です。これは元金と利息

の合計を調整して返済額を一定にするためです。

また5年ごとの返済額の見直しの際に金利が上昇していて返済額が増加する場合

でも、それまでの返済額の1.25倍までに抑えるという上限を設定している商品も

あります。

3・固定金利期間選択型

 

固定金利期間選択型は返済開始当初の一定期間、3年、5年、10年などの固定金利

期間を選択することができ、期間終了後は自動的に変動金利型に移行するタイプ

の住宅ローンです。

固定金利期間が終了したあとに、再び固定金利を継続できるタイプもあります。

また、選択できる期間のラインナップは金融機関によって異なります。

 

現在、ほとんどの方が変動金利を選んでおられるようですが、フラット35な

どの固定金利も現在非常に低い金利となっています。

メリット、デメリットはどの金利種類を選んでもございますので、ご自分に合った

金利をお選び下さい。

 

REDSでは仲介手数料割引~最大無料となります。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る