年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
菅原 秀泰すがはら ひでやす

住宅ローン控除 いつまで?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年7月11日
公開日:2021年4月20日

新型コロナの新規感染者数も第4波となって、まん延防止等重点措置から、また緊急事態宣言となりそうですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、本年度の税制改正が閣議決定され、昨年末で終了する予定だった消費税増税の救済措置であった課税物件を対象にした控除期間13年間の特例が令和4年12月末までの入居に延長されましたが、今年の年末が期限の非課税物件の購入を対象とした住宅ローン控除は、今のところ年内入居が要件です。

1972年(昭和47年)から始まった住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)がいよいよ終わりを迎えるのでしょうか。

今年の年末近くになったら令和4年度の税制改正大綱が発表され、「やっぱり延長されるね」となるかもしれませんが、低金利が続いている昨今ですから、住宅ローンの年末残高の1%という割合が見直される可能性もあります。

新築戸建やリノベーションマンションなど、消費税が課税される物件をご検討のお客様はまだ余裕がありますが、中古戸建、中古マンションの多くは、個人のお客様が売主であり、消費税は非課税になります。そのような中古物件をご検討の場合は、まずは今年中に入居できるように購入を検討することが、現行の住宅ローン控除の恩恵を受けらる間違いのない方法です。

また、注文住宅をご検討のお客様は今年の9月末までにハウスメーカーとの請負契約を締結することが要件になりますので、こちらもご注意ください。

ここ一年ぐらい売出物件の減少も続いておりますので、早く動き出すに越したことはありません。

 

なお、ご売却をお考えのお客様も、もし住宅ローン控除が来年延長されなかったら、購入する検討者は激減することは必至です。お早めの売却活動のスタートをお奨め致します。

中古物件のご売却、中古物件・新築戸建・リノベーションマンションのご購入は、是非、私にご相談ください。

皆様からのご相談をお待ちしております。

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る