年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
菅野 洋充かんの ひろみつ

日銀短観はエイプリルフールなんじゃない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年4月1日

菅野です。

令和3年第一四半期の日銀短観が4月1日に出ました。

前回(令和2年10-12月)から好転しているということで、午前中は株価も大きく上がった模様です。

でも、良くなってる良くなってきたっておっしゃいますが、正直、エイプリルフールの冗談じゃないかと訝しく思ってしまいました。

こちらが日銀短観へのリンクです。

日本銀行>統計>短観

 

中身をみると、確かに前回よりは良くなっている、とはいえると思いますが、大企業の製造業以外(非製造業の大企業、業種問わず中堅企業・中小企業)は未だ業況判断がマイナスのままです。

製造業のうち「繊維」「造船・重機等」、非製造業の「運輸・郵便」「対個人サービス」「宿泊・飲食サービス」は大企業中堅企業中小企業の別なくボロボロの業況判断となっています。

大企業製造業については、昨今の円安による輸出の伸びが好影響となっている様子です。

面白いのは、非製造業「電気・ガス」で、大企業が悪く、逆に中堅・中小は良いというところです。

これは、先日のLNGの供給不足と円安による仕入れ価格高騰の影響が見て取れます。

円安は輸出企業にはもちろん好材料ですが、輸入には(当たり前の話ですが)マイナスです。

建築に関して、昨年は設備資材の輸入ストップによる工期への影響がありましたが、今年は輸入木材の価格が現在高騰しているようで、今後影響を及ぼしそうです。

 

設備投資のところを見ると、ソフトウェア投資額の伸びがすごく、土地投資額はものすごくマイナスとなっています。

これはDX、テレワーク等の影響が見て取れるかと思います。

また、先日の公示地価で商業地が軒並みマイナスとなったことにも整合していると思います。

雇用の部分は未だ厳しく、大企業製造業が変化なし以外はすべてマイナスです。

 

全体で見れば、まだまだ景気は「悪い」に傾いている様子です。

日銀名古屋支店さんは「新型コロナウイルス感染症拡大前の水準に回復した」とおっしゃっていますが、そうすると2019年10-12月って景気良くなかったんですね。

 

緊急事態宣言が解除されて間もないにもかかわらず、もうコロナ第4波などと言われていて、景況感の低い規模業種の皆様は息をつく暇もないでしょう。

宿泊・飲食業については今後も厳しい道が続きそうです。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る