年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
魚谷 知道うおたに ともみち

登録免許税とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年3月30日

みなさん

こんにちは

仲介手数料が【最大無料】不動産流通システムの魚谷です。

 

今回は表題通り「登録免許税」についてのお話です。

 不動産売買取引のあとに、その当事者以外はその取引を知ることが

できません。そこで、「この不動産は私が所有しているものです」と

いうことを対外的に示すために、土地や建物について、その所在地や面積、

所有者の住所・氏名などを公の帳簿に記し、権利関係などを誰でもわかる

ようにすることを「登記」といい、この「登記」にかかる税金を

「登録免許税」といいます。

 

 【新築建物】を取得したときには、2種類の登記があります。

1つは「表題登記」、もう1つは「所有権保存登記」です。

 

 新築の建物について、建物の所在や構造、面積といった情報を

登記するものを表題登記といいます。新築建物を取得した者は

一か月以内に表題登記をしなければなりません。

 

 もう一つの所有権保存登記は、建物の最初の所有者を

確認するもので、表題登記とは異なりこの登記をするか

しないかは所有者の任意になります。

 

今回は新築建物を取得する際の「登記」について

お話ししました。

 次回は「土地・中古建物」の登記について

お話しします。

 

最後までご覧いただきまして

ありがとうございます。

 

不動産流通システム

魚谷

 

 

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る