年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
魚谷 知道うおたに ともみち

サラリーマン大家さんの税金①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年3月12日

みなさん

こんにちは

仲介手数料が【最大無料】不動産流通システムの魚谷です。

 

今回は、「不動産賃貸業の時の税金」についての「その①」

をお話いたします。

 

 

 最近ではよくに耳にする「サラリーマン大家さん」

不動産投資は大きな利益は生まなくとも、安定した利益を

生みだすことで、人気がありますね。

 

 今回はその「不動産賃貸業」における税金についてです。

事業をおこなって、そこからでた「利益」について、所得税や

住民税という税金がかかってきます。

 これらの税金は、不動産賃貸業による「総収入金額」から

「必要経費」を差し引いた「不動産所得」というものを算出していきます。

 会社から給料をもらっている方はその所得も合わせて、「総所得金額」を

だします。ここから、「所得控除」を差し引いた金額、これを「課税所得金額」

と言いまして、これに対して所得税、住民税がかかってきます。

※所得控除とは「社会保険料控除」「医療費控除」「配偶者控除」「扶養控除」

「基礎控除」などがございます。

 

 「課税所得金額」に対して、「所得税」「住民税」が掛かるわけですが、

所得税については、課税所得金額の大きさに応じて課税される税率が変化する

「累進課税制度」を採用しています。

※一方、住民税は課税所得金額の大きさに関わりなく、課税所得金額に

一律10%の税率が適用されます。

 

 

 今回の「その①」は、基本的な税金のかかる仕組みについて

お話ししました、次回はどのようなものが「必要経費」に含まれるかに

ついてお話しようと思います。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

 

不動産流通システム

魚谷

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る