年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
大橋 暢昌おおはし のぶあき

東日本大震災から10年、大型地震の予測もある中【安心な住まい】を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
最終更新日:2021年4月23日
公開日:2021年3月11日

こんにちは。仲介手数料最大【無料】REDSの大橋です。

 

東日本大震災から10年が起ちました。皆様も感慨深い事と思います。

私は東京の職場で地震を経験しました。震度5.5弱でしたが、

電柱や車は大きく揺れ、立っていられなくなりしゃがみこんだ記憶が

あります。

 

自宅まで歩いて5分でしたので無事に帰れましたが、帰宅難民となり

苦労した方も多かったと思います。

その後計画停電がはじまり、食材のストック問題や高層マンションでの

エレベーター問題もありました。

 

ライフラインは仕方がありませんが、まずは地震が起きた時に建物が倒壊し

圧死(第1段階)、建物半壊で身動きが取れなくなってしまう場合(第2段階)

その後の水災や火災によって命を失う場合(第3段階)が非常に怖いと思います。

 

日本では、震災があるたびに耐震基準が見直されてきました。

その中でも、第3者機関に地震への強度の検査を依頼できる制度が出来ました。

それが【住宅性能評価】と言われるものです。

現在、新しい住まいを建てる場合には、

★おおむね100年間に予測される地震に対して倒壊、崩壊しない程度。

の強度の建物を最低限建てなければなりません。

これでも強度は出ておりますが、今までの大震災の際【倒壊しない】ものでは

ありません。

住宅性能評価を利用し、最高ランクの耐震等級3を取得した場合。

★おおむね100年間に予測される地震の1.5倍の力に対して倒壊、崩壊しない程度。

となります。設計士さんも【倒壊しない】といえるお墨付きです。

 

ただし、木造の場合はデメリットがあります。

複雑な構造(スキップフロア、吹き抜け等空間の自由度が減る)が難しくなります。

マンションですと、柱や梁が大きくなる可能性があります。

 

それでも、、、

住宅の購入をご検討している方は、ご家族がいる場合が多いと思います。

団体信用生命保険に加入し、ご自身が亡くなった時にご家族様が路頭に迷わない様

お考えの事と思います。

お住まいも地震に備え【耐震等級】について今一度考えてみてはいかがでしょうか?

中古物件でも耐震強度を上げるリフォームが可能です。

安心が手に入れば日々の生活にもゆとりが出ると思います。

 

震災から10年、被害者の方へのご冥福をお祈り申し上げます。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る