年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
谷辺 英一郎たにべ えいいちろう

不動産購入~お引越しまでの流れ(5)住宅ローン本審査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年2月19日

なんとか無事に、売買契約も締結してひと安心・・・と言いたいところですが
厳密に言うと「売買契約」の内容としては、まだ確固している訳ではありません。
住宅ローンをご利用される客様には、「売買契約」の中に
万が一、銀行の融資が受けれらなかったり、減額されたりした場合、売買契約を白紙解約出来る、期限付きの停止条件「ローン特約」が付いています。
この期限は、契約締結から2週間から3週間で、期限までに承認が下りない場合も、解約扱いになってしまいます。
つまり、この「ローン特約」が効いている間は、売買契約が解約になる可能性があります。
「売買契約」締結後、速やかに銀行へ本申込を行っていただきます。

ご契約に至る前に「事前審査」で 源泉徴収票や健康保険証、本人確認資料などを提出して頂き
●お客様の個人信用情報 ●お勤め先、ご年収 ●購入物件の概要などを銀行がチェックし、
「本審査に進んでも問題ありません」と言う意味の仮承認を取っていただいていますので、本審査の結果、否決になる事はほとんどありませんので、ご心配はいりませんが
たまに、お客様の「本申込」のご準備が遅くなってしまい、期限に間に合わない・・・と言うケースがあります。
お客様の書類等のご準備だけではなく、仲介会社の担当者のローン事務手続、銀行担当者との密な連絡のやりとりや、迅速な対応が必要になります。
もちろん、私達【REDS】エージェントが、期限に間に合うようにお手伝いさせて頂きますので、ご安心下さい。


「本審査」では、先の「事前審査」の際にご提出頂いた書類に加え、いくつか追加で書類が必要になります。
●売買契約書
●重要事項説明書
●住民票
●印鑑証明書(銀行により不要な場合もあります)
●住民税決定通知書または、課税証明書  等です。
審査に要する期間は、銀行によって異なりますが、だいたい1週間から10日くらいですので、何もなければ期日までには承認が下ります。

ちなみに、お客様によっては、銀行をいくつか当たってみて、より良い条件で融資を受けたいとお考えの方も少なくありません。
お引渡しまでの間で、複数の銀行に打診していただく事は全く問題ありません。
「ローン特約」をクリアした後であれば、可能な限り 他の銀行への審査申込のお手伝いもさせて頂きますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

今回は以上になります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回のブログ記事で、もしご不明な事などありましたら
お気軽に、私 谷辺(たにべ)までお尋ねくださいませ。

( 直通ホットライン:080-7129-5660  ei.tanibe@red-sys.jp )

次回は、6)金銭消費貸借契約 についてを予定しております。

カテゴリー:

購入・売却のフォームへの遷移版 購入・売却のフォームへの遷移版

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルはマスコミからも注目されています。「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各種媒体でも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら:0800-100-6633  LINEでも受付中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る