年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
嶋田 淳しまだ あつし

REDSのイメージキャラクターがパックンで決まりました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年1月17日

皆様、こんにちは。

 

当社REDSのイメージキャラクターとして

「パックン」こと、パトリック・ハーランさんの起用が決まりました。

 

 

 

今後、当社の「特命PR担当」になり、さまざまな広告媒体で

ご活躍をいただけるとの事です。

 

 

起用の主な理由としては、

 

・知的なイメージがある(ご本人はなんとハーバード大卒となるそうです。)

・親しみやすいキャラクター

・当社がアメリカ式の不動産仲介会社を目指している。

 

 

主に、上記のようになるそうですが、

私としては米国式の仲介会社を目指すと云う、

会社の方針に賛同しております。

 

 

なぜ、米国式を推奨するのかについて、

ご存じない方へお伝えをさせていただきますと、

実はアメリカでは、不動産購入の際に「仲介手数料」が掛かりません。

 

 

※私の以前のブログになります。

アメリカの不動産仲介会社

 

 

その分、売主様のご負担は6%の仲介料と高額になる訳なのですが、

多くの買主様とっては、同じ6%でも、物件価格に仲介料が含まれていた方が、

喜ばしいのではないでしょうか。

 

<日本の仲介料の基本>

売主・・・3%

買主・・・3%

 

<アメリカの仲介料の基本>

売主・・・6%

買主・・・0円

 

なお、REDSでは下記のように仲介料を定めております。

 

<REDSの仲介料>

売主・・・0円 OR 割引

買主・・・0円 OR 割引

 

つまり、日本の他の一般的な仲介会社やアメリカの仲介会社のように、

現在のシステムでも、計6%に届く取引は、REDSでは行いません。

 

・・・手前みそですが、利用しない手はないのではないでしょうか。

REDSの仲介料は世界的に見ても、本当にお得かと思います。

 

実務においても、ほとんどのエージェントが業界歴10年以上の経験を積んでおりますので、

売買のお取引自体も安心・安全に行えます。

 

 

 

今後とも御贔屓の程、よろしくお願いいたします。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る