年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
北村 隼人きたむら はやと

住宅ローン控除 注意点②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2020年12月18日

皆様こんにちは。

 

前回のブログ、「住宅ローン控除 注意点」にて、

対象要件等のお話をさせて頂きました。

 

今回は、お客様からご購入検討している物件にて、

住宅ローン控除が対象となるかを、ご質問を頂く中で

【対象外】の事例についてお伝え致します。

 

1.【対象外】の住宅について

①別荘やセカンドハウス

②貸戸建、貸アパート等の貸家

③親のためにご自身がローンを組んで購入した家

 

2.【対象外】の住宅ローンについて

①会社からのお借入れ(無利子もしくは利率0.2%未満)

②親、兄弟、知人からのお借入れ

 

3.【対象外】のその他事例

①贈与による取得や、同一生計の親族からの取得によるもの

②居住の用に供した年と、その前後2年の合計5年間において、

居住用財産を譲渡した時に、長期譲渡所得の課税特例等を受けている場合

 

ご参考頂けましたら幸いです。

 

なお、詳細については下記の国税庁ホームページにてご確認下さい。

 

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1213.htm

 

ご一読ありがとうございます。

不動産売買において、ご不明な点はREDS【北村】までお気軽にお申し付け下さい。

 

カテゴリー:

購入・売却のフォームへの遷移版 購入・売却のフォームへの遷移版

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルはマスコミからも注目されています。「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各種媒体でも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら:0800-100-6633  LINEでも受付中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る