年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
大沢 孝一おおさわ こういち

固定資産税評価替えについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2020年12月17日

ご覧いただき、ありがとうございます。

 

仲介手数料が《無料もしくは割引》の不動産流通システムの大沢です。

 

1月1日に不動産を所有していた場合、6月頃に固定資産税の納税通知書届きます。

固定資産税は3年毎に評価が変わり、支払い額が変更となる場合があります。

2021年度は丁度、評価替えのタイミングだったため、支払額が変更となる予定だったのですが、政府・与党は2021年度税制改正に固定資産税の負担軽減措置を盛り込方針とし、2021年度の課税額が増えるケースの場合には、1年に限り特例で2020年度と同額に据え置くとしております。

 

2020年度と比較し、2021年度の固定資産税が低い場合には、低い方を税額とされます。

 

そこまで大きいメリットではありませんが、少しでも支出が抑えられる内容となるため、知っておいて損はないかと思います。

 

今後の税制改正に注目です!

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る