年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
酒井 智さかい さとし

住宅ローンの特約を活用しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2020年9月4日

マイホームを購入する際に頭を悩ませることが「自然災害」の可能性です。
最近クローズアップされることが多い「水害」に対しては、立地を選ぶことである程度のリスク管理は可能かと思いますが、「地震」となるとなかなかそうもいきません。
もちろん、「耐震性」に着目することで備えるということはできますが、耐震性はあくまでも「計算上」のものです。
実際に大地震に見舞われた場合に計算通りの耐震性能を発揮するかどうか・・・不安を完全に払しょくすることは困難であると言わざるを得ません。

日本は地震大国と呼ばれているくらいです。
住宅を購入後、いつかは大規模な災害が起こる可能性があることは、念頭に置いておくべきでしょう。
そして、住宅ローンを利用して購入した場合、自宅が「全壊」しても住宅ローンが残ってしまうという問題があります。
地震保険でカバーしたい所ですが、地震保険で補償されるのは火災保険の保険金額の50%が限度なので、残債によっては保険金額でローンを完済できないことが想定されます。
そんな中、金融機関によっては「自然災害特約」を拡充した商品を扱っています。
(三井住友銀行の例 https://www.smbc.co.jp/kojin/jutaku_loan/shinki/anshin/shizen.html )
これは、「全壊」の認定を受けた場合、住宅ローン残高の50%を免除するというものです。
(「全壊」は建物の主要構造部分の損害割合が50%以上と判定された場合です。)
このような特約と、地震保険を併せることによって、震災に対する経済的なリスクを、だいぶ軽減できるのではないかと思います。
特に、中古住宅購入を検討している場合など、耐震性に不安がある住宅は利用の価値が高い特約と言えそうです。

住宅ローンにはオプション的に付けられる特約が多数ございます。
上手に使いこなすことで、見えない未来に対する不安を軽減することが可能です。
住宅ローンを組むことにご不安があれば、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る