年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
坂爪 潤さかづめ じゅん
 

年末に向けての不動産市場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2020年8月19日

都内で仕事をして、鎌倉に戻りますと帰宅時間のせいもありますが、

空気が少し涼しく感じます。

先日、日影の無い都内の住宅街を20分ほど歩いて物件に向っており

まして、チョット危険を感じたREDSの坂爪です。

 

さて、相変わらずコロナが収まる気配を見せておりませんが、

そんな中、皆様が気になる「年末に向けての不動産市場短期予想」

をしたいと思います。

 

これは、明らかに「売り手市場」となります。

 

当社の6月7月は過去の同月比でも例を見ない取扱高、今月8月

は例年夏季休業や不動産会社間の物件情報サイト(通称:REINS)

がメンテナンスで休止したりする為、毎年静かなのですが、

今年は、各社夏季休業明けから契約・契約!!

 

折角物件をお問い合わせ頂いても契約予定でご紹介出来ない

なんて事が散見されております。

 

 

これ完全に「コロナが不動産の需要を変えた」と感じています。

皆様うっすら感じているとは思いますが、今後は「コロナありき」

の生活に突入していくでしょう。

 

ワクチンが出来たり、治療薬が出来たりしても、完全に「コロナ前」

の生活には戻らない気がします。

素人目に見ても、インフルエンザや風邪に比べて感染力が非常に

強い印象です・・・・。

 

それを踏まえて、コロナが与えた影響として・・・

 

〇テレワークの導入

〇外出自粛

 

この2つ、いずれも自宅に居る時間の増加を招きました。

「自宅=不動産」に大きく関わって来る問題です。

 

●通勤時間は長くなるが、テレワークで通勤回数が減ったので

 多少会社から離れてもOK

 

●自宅に仕事専用のスペースが欲しい

 

●外出しなくても子供たちが遊べるスペースが欲しい

 

●公共交通機関の利用を控える為、駐車場付きの物件が欲しい

 

理由は様々ですが、郊外志向、広めの物件志向は現場でも感じて

おります。

 

 

しかしながら「不動産を売ろう」と言う人にとっては、

 

●不特定多数の方が物件を見に来る・・・不安

 

と言う問題もあり・・・結果として売却物件は減少。

 

 

更に、来年住宅ローンを組もうとすると、今年の源泉徴収票の

年収ベースでの審査となりますので、年収が減少する方にとって

はこれは大きな問題。

年内の御購入であば、昨年の収入実績でのローンの審査が可能

となれば・・・年内に買いたいと・・・・。

 

 

そんな訳で、年内になんとか新居のご購入を!!とお考えの方

8月末から9月に動き始めますと、余裕を持って年内ご入居も可能

です。

激しい競争の中、しっかりとサポートさせて頂きます。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る