年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
荒 芳弘あら よしひろ

「生産緑地の2022年問題」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2020年8月18日

皆様、こんにちは!

仲介手数料最大無料の不動産流通システム(REDS)宅建士の荒 芳弘(アラ ヨシヒロ)です。

 

記録的な暑さが続いています。熱中症に気を付けましょう。

また、新型コロナウイルスも衰える兆しがありません。3密を避けながら熱い夏を元気に乗り切りましょう。

 

あまり話題にはなりませんが、「生産緑地の2022年問題」があります。

1992年に生産緑地の指定から「30年」が経過し、生産緑地の指定が解除されるのが2022年なのです。

生産緑地の指定が解除されると、税制優遇が無くなり、営農義務も無くなるため、自由に農地を宅地に転用することが可能になります。

その結果、大量の住宅用地が市場に大量に供給され、不動産市況が混乱すると懸念されているのが「生産緑地の2022年問題」です。

政府は、この「生産緑地の2022年問題」に対して、2017年に生産緑地法の改正をし、「特定生産緑地指定制度」を創設しました。従来の税制優遇措置を10年間延長しました。

その結果、「生産緑地の2022年問題」が現実化すること避けることができると見込まれています。

つまり、生産緑地が住宅用地として市場に大量に供給され、不動産市況の混乱を避けることができると見込まれています。

 

 

また、もう一つの対策として、「都市農地貸借法」が制定されました。

これにより、市街化区域内の農地のうち、生産緑地の貸借が安心して行える新たな仕組みが2018年9月1日にスタートしました。

政府は、この新たな仕組を活用して、貸借により都市農地を有効活用することが重要と考えています。

 

 

今後、コロナ禍の影響による不動産市場の動向等も含めて、目が離せません。

 

最後に売却物件を募集しています。

高値成約・早期売却可能な弊社(REDS)独自の販売システムでご協力させていただきます。

売主様における不動産ご売却にかかる諸費用は、ほぼ100%が仲介手数料です。

最も効果が高いのは、成約価格が高く仲介手数料を安くすることです。

弊社(REDS)のご売却に関するシステムは、両者を兼ね備えたものであると自負しております。

私にお任せいただければと思います。ご連絡お待ちしております。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る