年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
藤井 英男ふじい ひでお

中古マンションの売出・成約価格乖離率は2013年以降ずっと横ばい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2020年8月7日

皆様、こんにちは。

 

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。 

 

不動産専門データバンク大手の(株)東京カンテイは、既存(中古)マンションの売出・取引事例を基に、売出・成約の価格乖離率と売却期間についての調査結果を公表しました。

 

 首都圏では、2020年上期(1~6月)は平均売出価格4,175万円(前年同期比10.1%上昇)、成約価格3,900万円(同10.5%上昇)となり、売出・成約の価格乖離率はマイナス6.59%(同0.30ポイント上昇)です。

 

ミニバブル期や東日本大震災直後は乖離率が上昇・下降を繰り替えましたが、2013年下期から、マイナス6%台半ばで安定推移しており、コロナ禍においても大きな変動がなかったそうです。

 

 また、売り出しから成約までの期間は、平均で3.91ヵ月(同0.09ヵ月短縮)となり、2012年上期頃から4ヵ月前後での推移が続いています。

 

 

 同社では「2020年上期はコロナ禍による不動産流通市場への影響は市場が基本的に“フリーズ状態”で停滞したことぐらいで、価格や成約期間については大きな変化がなかったが、緊急事態宣言後の市場の反応が出てくるのはもう少し時間がかかるだろう。」と分析しています。

 

 

 

不動産のご売却をご検討されている方は、経験豊富なエージェントが揃った「REDS」にご相談ください。

 

24時間365日メールでのお問合せを受付しております!

 

 

 

カテゴリー:

売却のフォームへの遷移版 売却のフォームへの遷移版

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。 お客さまの喜びの声が続々

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元

・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルはマスコミからも注目されています。「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各種媒体でも紹介されています。年中無休で営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら:0800-100-6633  LINEでも受付中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る