年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
大沢 孝一おおさわ こういち

不動産売却した際の税金ー長期譲渡?短期譲渡?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2020年7月29日

ご覧いただき、ありがとうございます。

《不動産仲介手数料が無料もしくは割引》の不動産流通システムの大沢です。

 

不動産ご売却をご検討の方にて諸費用はいくらかかるのか?

また、売却後に税金はかかるのか?とご不明なことも多いかと思います。

 

今回は不動産をご売却した際の税金についてお話しさせていただきます。

 

不動産をご売却した際の利益は給与所得や事業所得とは区分して計算していきます。

不動産の所有年月によって、長期譲渡所得か短期譲渡所得かによって税率が異なってきますため、注意が必要です。

 

・長期譲渡?短期譲渡?

不動産を売却して5年を経過しているかどうかによって、長期譲渡か短期譲渡に区分されます。

例えば、2015年4月1日に購入した不動産を2020年2月1日に売却(引き渡し)した場合、長期譲渡となります。

 

5年というと2020年4月1日以降と思われがちなのですが、1月1日を5回経過すると5年以上保有とみなされるため、長期譲渡に区分されます。

 

・税率

不動産を売却した場合、課税される税率は所得税と住民税のそれぞれにて異なり、長期譲渡か短期譲渡かによっても大きく異なります。

 

区分

所得税

住民税

長期譲渡所得

15%

5%

短期譲渡所得

30%

9%

※国税庁ホームページより抜粋

 https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/05_2.htm

 

長期譲渡の場合、20%(所得税15%、住民税5%)、短期譲渡の場合、39%(所得税30%、住民税9%)と約2倍変わってきます。

税金が2倍変わるのは、手元に残る金額が大きく変わってきます。

 

 

皆さん不動産のご売却には、購入してから1月1日を5回経過したかどうかを注意しましょう。

 

不動産流通システムでは仲介手数料が無料もしくは割引なだけではなく、専門知識を持ったエージェントが不動産のご売却・ご購入のお手伝いをさせていただきます。

 

どんな些細な質問にもお答え致しますので、お気軽にお申し付けくださいませ。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る