年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
酒井 智さかい さとし

保険に「個人賠償責任特約」は必須のオプションです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2020年7月23日

前回のブログで火災保険のことを書きましたが、それに関連した話題を一つ。
今回は「個人賠償責任特約」に関して触れていきたいと思います。

「個人賠償責任特約」はご存じでしょうか?
これは保険の特約の一つでして、基本的には本体の保険契約にオプションで付与するものです。
火災保険に限らず自動車保険など、いろいろな保険契約に付けることができます。
そのため、気づいたら重複して契約している、なんてことが起こり得ますので、ご注意ください。
さて、この「個人賠償責任特約」ですが、ほぼ”必須”の特約といえるかと思います。

この特約がどのようなものか、ご説明いたします。
保険会社のホームページにある説明では、

「日常生活において、お客さまご自身またはご家族の方が他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したりした結果、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します(自転車での事故を含む)。」

とあります。
文面だけではピンと来ないかもしれませんが、かなり広範囲な内容をカバーすることが可能です。
少し具体例を挙げてみますと、

・自転車で人をはねてケガをさせてしまった
・子どもがキャッチボールをしていて他人の家の窓ガラスを割ってしまった
・飼い犬が他人を噛んでケガをさせてしまった
・お店で商品を落として壊してしまった
・マンションで水漏れを起こして階下の部屋に被害を与えてしまった
・ゴルフのプレー中にボールが曲がって他者にぶつけてケガをさせてしまった

などなど、「発生しないと言い切れない」ケースが想定されています。
お子様がいらっしゃるご家庭の場合、自転車での事故は特に心配なところではないでしょうか。
お子様の自転車の事故について、一つの事例をご紹介します。

賠償金額:9,521万円
(神戸地方裁判所、平成25年7月4日判決)
<事故の概要>
当時、11才の男児が夜、自転車で走行していたところ、歩道と車道の区別のない道路において歩行していた62才の女性と正面衝突しました。
その女性は、頭の骨を折るなどし、意識が戻らない状態となったものです。
この判決が裁判所から出たとき、高額な賠償額であること以外に、子供が起こした事故について母親に出された支払い命令であることが大きく報じられ話題になりました。
これは、子供が自転車事故を起こすと親が責任を負う場合があるということを示した賠償例でもあります。

日常生活の中には、いきなり1億円近くの賠償金が発生するリスクがあるということですね。
しかしながら、普通の方は1億円を支払うというのは現実的ではありません。
そして、こんなときに利用できるのが「個人賠償責任特約」というわけです。
上限金額は保険会社や選択するプランにより違いますが、保険金上限「1億円」というものや「無制限」まであります。

どんなに気を付けて生活していても、トラブルを完全に避けることは不可能です。
いざという時のために、ご自身の契約内容にこの特約があるかどうか、ご確認なさると良いかと思います。

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る