年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
沢井 仁さわい ひとし

リフォームでマンションの資産価値をアップする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2020年6月28日

こんにちは、REDSリフォームの沢井です。

今回はリフォームの専門家として、マンションの資産価値をアップする方法をご紹介します。

マンションの資産価値に築年数は関係ないという話をご存じでしょうか。
古いマンションには資産価値なんて期待できないと思っていませんか。実は古いマンションこそ狙い目なのです。

マンションの購入を考える際には、新築かあるいは築浅の物件を探している方が多いのではないかと思います。たしかに何年も住み続けたマンションは、フローリングや壁のクロス、キッチンや浴室などの劣化が目につき、いかにも中古だなという印象が残りますので、真新しい新築に目移りしがちです。

しかし、マンションの資産価値という観点からは築年数にこだわる必要はありません。築年数ばかり気にして物件探しをしていると、ポテンシャルの高い優良物件を見逃すうえに、物件の選択肢が極端に狭くなってしまいます。

マンションの資産価値とは、言い換えれば世の中でどのくらい需要があるのかと考えればよいでしょう。将来売却しようと考えた時に、「素敵な部屋だし居心地がよさそう。ぜひ買いたい」という購入希望者が多ければ多いほど「資産価値が高い」と言えます。この場合は、どれだけ買い手に魅力を感じさせることができるかが大切なのです。

新築マンションは「買った瞬間に資産価値が下がる」と言われており、残念ながらその通りなのです。どんなに高級感があって、眺めがよくても、平等に価値は下がります。マンションは新築当初から徐々に資産価値が下落し、20年ほどで価値が約半分になると言われています。そして、基本的には中古マンションは概ね築20年を境に価格が安定すると考えられるのです。

つまり中古マンションを買ってリフォームと考えるならば、築20年以上の物件が狙い目という事になります。新築を買うよりも低予算で、資産価値の高い住まいを手に入れることができると考えられるのです。

 

このような理由から、最近のマンション市場は比較的築年数の古い中古を買って、自分の生活スタイルに合わせたリフォームをしようと考える消費者が増えているのです。

 

さて、リフォームする際にぜひ考えたいのが間取りです。昔は〇LDKとして、部屋数の多い方が資産価値が高いとされてきましたが、その弊害でキッチンやリビングなどが閉鎖的で暗くなりがちでした。

近年は、特に単独の和室は必要ないと考える方が増えています。そこで、使わない和室を取り込んでLDKを広げたり、オープンカウンターのキッチンにしたり、明るく開放的な住まいに間取を変更すると格段に過ごしやすい住まいになるでしょう。必要ならば3帖ほどのタタミコーナーを作ってもよいと思います。また、テレワークなど新しい生活様式が定着してきましたので、場合によっては書斎コーナーやDENなどを検討してみるのもありです。

また、無垢のフローリングや大理石などを使った内装のグレードアップもおすすめです。土間コーナーやシューズインクロークを作ってみたり、マンションでありながら山小屋風の内装にしてみるなど、個性が光る物件も見受けられるようになりました。さらに、バスタブやキッチンなど設備もワンランク上のグレードにすると、一目でデザイン性があがり心地よさも向上しますので、それだけで資産価値アップにつながります。

一定期間経過した中古マンションは価格も安定しています。そうしたマンションを購入した方やお住いの方は、リフォームをすることで格段に資産価値をアップできます。「古いマンションには資産価値がない」と思っていた方
ぜひリフォームをしてみませんか

 

渋谷スタジオへは↓↓↓↓↓クリック
東京都渋谷区渋谷3-10-14長崎堂ビル8階

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る