年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
嶋田 淳しまだ あつし

コロナ後にどうなる?不動産市場(オフィス賃貸編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2020年5月31日

皆様、こんにちは。

 

先日の緊急事態宣言解除の影響などもあり、

不動産の購入希望の新規お問合せ数が、ここ1週間~2週間で激増しており、

おかげさまで私どもも、このところ忙しく動いております。

 

また、同業者からも同様の景気の良いお話も伺いますので、

今後の売買相場は徐々に回復傾向に入っていくのは間違いないように感じております。

 

さて、今回のコロナ禍で、IT、ベンチャーを中心に、多くの企業が「テレワーク」の導入を行いましたが、これによりどのような変化が生じていくのか、本日は、「コロナ後の不動産の予測(オフィス賃貸編)」について、少しお話をさせていきたいと思います。

 

2015年には5%を超えていた都心5区のオフィス空室率は右肩下がりが続き、2020年4月には1.56%になりましたが、このまま全就業者の1割がテレワークを続けた場合、2020年以降、空室率は15%に上昇し、賃料も2割程度下がるという予測があるそうです。

 

コロナ禍を受けて広がったテレワークについて一部の専門家は「全国的に社会実験を行ったようなもの。結果、社員からみても効率的に仕事ができるし、経営者側からみても使えるツールだった」と概ね、評価しているようです。

 

また、「大きなオフィスを構えて社員全員が集まらなくても仕事はできるし、個々の社員の能力も見極めやすいという声も聞かれる。オフィス対する考え方も変わる」との見解も示しております。

 

尚、オフィスを解約したベンチャー企業社長のお話によると、

 

「3月末からテレワークをやっているが、トライしてみたらけっこうできるので、これまでのオフィスは必要ないことが分かった」「今後の景気の悪化も予測されるので身軽にする必要があった」

 

などの声が聞かれます。

 

いずれにしましても、テレワークの有用性と経営改善の2つの面から、今後のオフィス縮小トレンドは定着しそうです。

 

 

また、仕事を行う作業場が「オフィス」から「マイホーム」へ移行することによって、より充実した「マイホームの住環境」が求められる時代へと変化するのではないでしょうか。

 

今現在、不動産をお探しになられている方は、資産性の高い、堅実な不動産選びを行い、上記のような新時代へなったとしても、「損をしない」物件選びを行っていただけると幸いです。

(もし資産性の高い物件について、どういったものが良いかお分かりになられない場合は、お気軽に弊社REDSのエージェントまで

ご相談ください。)

 

 

 

 

カテゴリー:

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを ●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る