STAY HOME週間ですね。皆様、如何お過ごしでしょうか。

緊急事態宣言の期間が延長もされることが間違いなさそうですね。

 

今回は新型コロナウィルスの国内感染者数と日経平均株価の終値の推移をグラフにしてみました。

国内感染者数の推移はクルーズ船を除く1日ごとの発表数です。

 

グラフにしてみると、緊急事態宣言の効果か、多くの犠牲を払って自粛している結果、確実に新規感染者数は減少傾向に入っています。が、減少の速度が遅いとのことのようですね。まだまだ緩めてはいけない状況には変わりないでしょう。

 

日経平均株価は3月19日に16358.19円の年初来安値を付け、そのまま1万5千円ぐらいまで下がるのかとも思いましたが、4月末の終値は2万円台に回復しています。

 

感染者数の推移と反比例するように株価が変動するのかと思っておりましたが、意外とそうではなく、政策の発表や日銀の対応によるところが大きいのですね。

 

とは言え、コロナの影響がいつまで続くかで、今後の倒産数や失業者数が変わってきますので、やはり緊急事態宣言が長引けば厳しい状況になることが心配されます。

 

不動産相場の変動が客観的に数字で見られるようになるには少しタイムラグがあるので、まだ時間がかかります。

私個人的には、若干の下降が予測できますが、大きく下落はしないのではないかと思っています。

 

今後の推移もウォッチして参ります。

 

なんにせよ、一日も早く新型コロナウィルスが収束してくれるの祈りつつ、もう少し、STAY HOMEで頑張りましょう。

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る