我が街、鎌倉でもコロナウイルス感染者が出まして、市役所も

一部職員の休暇などの対策を取っているとか・・・。

年末年始からのご契約のお客様の物件引き渡しに忙しくして

おります、REDSの坂爪です。

 

さて、表題の「コロナウイルスの不動産への影響」ですが

 

●影響1

中古物件等で、売主様が居住中の物件のご見学につきまして

一部仲介会社では、ご見学希望のお客様の渡航歴の確認等

を行う等、影響が出ております。

 

当社でも、お預かりしております物件の売主様のご意向を確認

しながらの調整となっております。

 

売主様としましては、ご見学頂けなければ具体的なお話に

なりませんので、沢山の方に見て頂きたい反面、不安も。。。。

 

非常に難しい選択を強いられております。

 

 

●影響2

新築物件、リノベーション物件を中心に、住宅設備の納期に

遅れが出始めております。

先日お引き渡しをした際に、売主様の建築業者さんが、洗面

やウォシュレットが遅れており、IH等も今後遅れが予想される。

 

1棟物のアパート等は、未完成で既に4月からの借り手が

決まっている物件もあり、3月末の引渡に間に合わない場合

どの様に対応しようか(汗)

なんてお話をしていました。

 

年度を跨いでのお引き渡しは、各種税制等の問題もあり、

これからジワジワと具体的な問題が出てくる事が予想されます。

 

確定申告の期間も一カ月伸長されたとの事ですので、これから

各種救済措置が取られる事を期待しつつ、REDSでは常態の

テレワークにて、しっかりとお客様をフォローして参ります。

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る