皆様、こんにちは。

 

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。

 

 

 

全国宅地建物取引業協会連合会と全国宅地建物取引業保証協会は、今月5日、「2019年不動産の日アンケート」の結果を公表しました。

 

 

9月23日の「不動産の日」にちなみ、住宅の居住志向や購買傾向等を毎年調査しているもので、19年9月23日~11月30日、国内の20歳以上の男女を対象にインターネットで調査したそうです。(有効回答件数は2万2,183件)

 

 

 不動産の買い時感を聞いたところ、「買い時だと思う」が13.0%(前年同期比3.3ポイント減)、「買い時だと思わない」が28.9%(同6.3ポイント増)、「わからない」が58.0%(同3.0%減)。

 

 「買い時だと思う」と考える理由については、「住宅ローン減税など消費増税に係る支援制度が拡充されているから」が51.1%で最多。「今後、住宅ローンの金利が上昇しそうなので(今は金利が低いので)」が23.4%で続きました。

 

「思わない」理由については、「不動産価値が下落しそうだから」26.8%、「自分の収入が不安定または減少しているから」21.0%となりました。

 

 持ち家か賃貸かの問いでは、現在の居住形態にかかわらず「持ち家派」が80.9%と圧倒的多数を占めた。その理由については、「家賃を支払い続けることが無駄に思えるから」が53.5%と最多回答に。一方「賃貸派」は、「住宅ローンに縛られたくないから」が41.5%でトップでした。

 

 既存住宅(中古住宅)の抵抗感について聞くと、「まったく抵抗がない」が12.7%、「きれいであれば抵抗はない」41.3%、「売買金額と状態のバランスを見て判断する」32.9%、「どんな状態であろうと抵抗がある」13.0%となりました。

 

「まったく抵抗がない」と「きれいであれば抵抗がない」を合計すると、半数以上が抵抗感が薄いことが分かりました。

 

 

「REDS」では、物件の選定からノンストップでリフォーム受注できる「REDSリフォーム」がスタートしています。

 

 

きれいに住むことは勿論、将来、販売をする側になった時の流通性をも考慮した提案をさせていただきます!

 

 

中古住宅のご購入をご検討されている人は先ず「REDS」にご相談ください!!

 

 

経験豊富なエージェントが、24時間365日メールでのお問合せをお待ちしております!!!

 

 

 

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質を高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」「どっちの家を買いますか?」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633 LINEでも受付中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る