お正月休みが終わったと思ったら三連休ですね。

成人の日が1月15日ではないのが違和感あるなと思いながらも、

新成人の皆様、おめでとうございます。

 

ところで、フラット35の金利が3か月連続で上昇していることを皆さんご存知でしょうか。

短期プライムレートはもちろんですが、長期プライムレートも最近は変動していない中、株価の上昇の影響でしょうか。

 

↓2018年1月からの日経平均株価の月末値と各種金利の推移です。

 

2018年12月の日経平均株価の月末値は20014.77円でしたが、2019年12月の月末値は23656.62円でしたので、2019年の1年間で3641.85円(約18.18%)上昇した計算になります。

それほど景気が回復している実感はありませんが。。。

 

一方で金利はあまり変動していないのですが、2019年7月に長期プライムレートが1%から0.95%に下がったタイミングでフラット35の金利も下がっていましたが、11月・12月・1月と3か月連続で上昇しました。

とは言え、長期的に見ればまだまだ低金利です。ご購入をご検討されている方はお早めに動いたほうが良いのではないでしょうか。

また、ご売却をお考えの方も、金利が上昇すると買い控えになりますので、こちらもお早めに動いたほうが良いと思います。

 

不動産のご購入、ご売却をご検討の皆様、仲介手数料がお得な《REDS》へご相談ください。

皆様からのご相談をお待ちしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る