仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

先日ブログで、新たな志向の書店としてTSUTAYA書店・家電をご紹介させて頂きましたが、コレド室町シリーズの最新施設「コレド室町テラス」(9月27日オープン)に、台湾初の「誠品書店」がオープンいたしましたので、ご紹介いたします。

 

代官山TSUTAYA書店がモデルにしたことでも知られるこの「誠品書店」は、大型複合セレクトショップ「誠品生活」の中心をになう、「本屋らしくない本屋」さんとして、台湾で大人気で、24時間営業している書店を始め、書籍だけでなく、雑貨や食品も同じ空間で取り扱う、面白く文化的な空間を実現させている書店です。

 

今回、この「誠品生活」が、コレド室町テラス2階の商業ゾーンに(店舗面積約870坪!)4つのエリアに分かれて展開しているとのことで、とても楽しみにしております。

 

その中でもメインになる「誠品書店」は、自然光が差し込んだ空間で、座ってゆっくり読むスペースもある、約30mの長さの文学回廊コーナーや、本書店の目利きのスタッフが、月替わりでおすすめの書籍を紹介する選書コーナー、アート・デザイン・ビジネス・旅・料理等様々な種類のセレクトされた、書籍コーナーと、本好きの私には非常に楽しみな内容になっています。

 

コレド室町を手掛ける三井不動産さんの日本橋再開発のコンセプトが、「残しながら、蘇らせながら、創っていく」というもので、今回の「誠品生活」もこれに沿った、質のよいコンテンツを集め、そこに心地よい文化的な空間を創ることで、新たな人の流れを生み出すことに貢献してくれる施設になっています。

 

特に読書を好む方は、インドア派の方も多いのではないかと思いますので、こうした魅力的な書店スペースは、虚構のサイバースペースから現実の世界に導いてくれるものとして、今後ますます必要な存在になってくるかもしれません。

 

先週のコレド室町テラスのオープン時には、約500人が行列を作ったとのことなので、当分の間、相当に混んでいると予測しております…。少し落ち着いたら是非とも体験してきたいと思います!

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る