人生で初めて不動産を購入する決断には勇気が要りますよね。 

多くの方は35年の住宅ローンを組むので、それだけでも気が遠くなる思いです。 

不動産相場も下がるかもしれませんし、損はしたくないですよね。 

  

さて、購入決断をする時に「買うリスク」は皆さんお考えになるのですが、「買わないリスク」を考える方は少ないと思います。 

  

買わない決断をしたことで「買うリスク」を回避することはできますが、それは買う決断を先延ばしにしたことになりますので、その時は「買わないリスク」を考えなくてはいけません。 

  

多くの場合は賃貸にお住いの方が初めてのマイホームを購入するケースだと思います。 

マイホームを購入せずに賃貸に住み続ければ、言うまでもありませんが、月々の家賃を払い続ける必要があります。 

万が一の場合や働くことができなくなった場合に、ご家族が家賃を払い続けることができますか? 

多くの方はその分の生命保険に入って、「買わないリスク」の対策をされていると思います。 

  

しかし、住宅ローンを組んでマイホームを購入する場合、ほとんどの方が団体信用生命保険に加入しますので、万が一の時は全額返済され、ご家族はマイホームに住み続けることができます。マイホーム購入で「安心」が手に入ります。

さらに団体信用生命保険に加入することで、現在加入している生命保険の見直しが可能になります。 

  

そこでご確認いただきたいのが、健康診断の結果になります。 

私も40を過ぎてから、CDなどの項目が出るようになりました。 

何か持病があると団体信用生命保険に加入できなくなる場合があります。

この保険に加入できないと住宅ローンの借り入れのハードルが上がってしまいます。

希望に商品プランを選べなかったり、金利が高くなったり、最悪の場合、住宅ローンを組むことができないこともございます。 

  

誰にも明日も健康でいられる保証はありませんよね。

これが大きな「買わないリスク」になります。 

 

ご購入に際しては、仲介手数料がお得なREDSにご相談ください。 

その時は是非、菅原をご指名いただければと思います。 

  

皆様からのご相談をお待ちしております。 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る