皆様、こんにちは。

 

 

売るときも買うときも、仲介手数料最大無料の不動産流通システム「REDS」の藤井です。

 

 

先日、お客様より、パワービルダーが建築した木造建売住宅が「耐震等級3」 なのに、このマンションは何故「耐震等級1」なの?とご質問をいただきました。

 

 

確かにペラペラに見える(失礼!)建売木造が「3級」なのに、強固に建築された大規模なマンションですら「1級」が圧倒的に多いのです。

 

 

耐震等級とは?
耐震等級は、2000年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の中で定められた「住宅性能表示制度」に基づく評価基準です。
「住宅性能表示制度」は、住宅の性能に関する基準を定めた制度で、建物の構造以外にも火災時の安全性や省エネ性能、維持管理のしやすさなどの評価基準があり、第三者機関が評価します。

 

 

具体的には、建物がどの程度の地震まで倒壊や崩壊に耐えられるのかを示すもので、1級~3級まであります。数字が大きいほど高い耐震力があると評価されます。

 

耐震等級1は、震度6から7程度の地震に対して倒壊しない、震度5程度の地震に対して外壁や内壁に被害が出ない程度の強さを持つ耐震等級2は、その1.25倍、耐震等級は1.5倍の地震力に対抗できる耐震性とされています。
国土交通省の「住宅性能表示制度の利用状況(2013年)」によると、新築の鉄骨造、鉄筋コンクリート造のマンションのうち、住宅性能表示制度を利用している割合は42.7%。

 

また、マンションなどの共同住宅の耐震等級の取得状況をみると、耐震等級1が87.1%、耐震等級2が8.5%、耐震等級3が1.2%、その他免震構造などという状況です。

 

実に90%近くの新築マンションが耐震等級1となっています。

 

 

理由その① 居住スペースへの影響
耐震等級1が多い理由の一つとして、建築工法の問題があります。
マンションの構造は、鉄筋コンクリート造(RC造)が最も一般的です。
鉄筋コンクリート造でも地震の縦揺れに強い柱や梁による「ラーメン構造」と、壁によって地震の揺れを受ける「壁式構造」がありますが、耐震等級を重視して設計を考えると、柱を太くしなくてはいけません。
壁を厚くする必要があり、窓や開口部が少なくなります。
その結果、採光や通風、間取りが悪くなってしまい、住みやすい住宅でなくなる恐れがあります。
デベロッパーは販売しやすい物件にするために、耐震等級1のマンションを多く造るのです。

 

 

理由その② 建築コストへの配慮
マンションのような大規模な建築物で耐震性能を上げるとなると建設コストに対する影響は大きくなります。
耐震性能を上げるためには、柱や梁の大きさ、使用する鉄筋の量、壁量なども増えるために材料費が高くつき、施工にも時間がかかります。
すると、マンションの建築費も上がり、販売価格も上昇します。こうした理由で耐震等級1のマンションが多くなるのです。

 

 

 

不動産購入は、いろいろとご不明・ご心配な点が多いかと存じます。

ご検討されている人は先ず「REDS」にご相談ください!

 

経験豊富なエージェントが、お客様が納得いただけるまでサポートします!!

 

 

 

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る