リフォームとリノベーションの違い

実際不動産の売却物件を見ると それはリフォームなんじゃないか?と思うような物件が多々あります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

言葉の内容をウィキペディアより抜粋

リノベーションとリフォームは混同されやすい言葉である。どちらも住宅に手を加える点では同じだが、厳密にはその目的の部分で次のような違いがある。

リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強い。

古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類される。

一方リノベーションは、修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含むため、

より良く作り替えるという目的が含まれている。工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

表面だけなおす工事をリフォーム

古いマンションなど、現在の住まいに合わない間取りなどを変更し 自分が住みやすくする工事がリノベーション

どちらにしろ工事が入り 見た目も奇麗になり 住みやすくなる事は間違いないと思います。(本人は)  

 

売る為に不動産を購入する方は殆どいないと思いますが、

そのリノベーションは他の方が住んでも 住みやすいお部屋ですか?

 

2LDKのお部屋を1LDKにまたは大きいワンルーム(スタジオタイプ)に

お部屋の真ん中にお風呂 全面ガラス張り

天井を高くしたいから コンクリートむき出しに裸の配線

カフェ風なおしゃれな空間

様々なリフォーム・リノベーションがあるかと思います。

 

古い物を新しくして、追加の機能を持たせる 自分たちの住みやすい様にする

不動産に価値を求めないなら、ご自分のお部屋・不動産なのでお好きなように手を入れる

これを否定するわけではありません。

 

資産として不動産を見る場合

いざ何かあった時に売れなければ、不動産が負動産になりかねません。

 

あまり凝りすぎたリノベーションは、同じ感性の方しか買わないと思います。

高く売却、早く売却を考えたら、少ないお客様を探すより

大多数の一般人が求めるリノベーションに抑えておくことも、大事な事ではないでしょうか。

 

リフォーム・リノベーションをお考えの方

とことん自分の趣味でやるのでは無く、そこそこで抑える事も大事ですよ。

 

不動産売買の仲介手数料が、売るのも買うのも《無料・割引》の【REDS】の手塚でした。

売却のフォームへの遷移版

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。
お客さまの喜びの声が続々

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルはマスコミからも注目されています。「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各種媒体でも紹介されています。年中無休で営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら:0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る