昔から「夢のマイホーム」と言いますが、「いつかは持ち家を・・・」とお考えの方が多いと思います。

 

いざ購入しようと思っても、「今は買い時なのか」と思う方も多いと思います。

当然、相場があるものですから、市場の動向は気になるところですよね。

 

お買い替えのお客様で買う時期と売る時期が近いときは、買うのが高くても、売るのも高いので、相場を気にせずに売り買いできます。

 

しかし、賃貸にお住まいのお客様が初めてマイホームを購入する場合は、相場が高いときに買うと損する気がしますよね。

相場が上昇トレンドであれば、早く買うべきですし、下降トレンドであれば、購入時期を先延ばしすることをお考えになると思います。

 

購入時期を先延ばしにすることを考える時に合わせて計算をしなくてはならないのが、現在のお住まいに住み続けるための費用です。例えば家賃が毎月15万円であれば、年間180万円かかります。

その間に更新などがあれば、更新料等がさらにプラスになります。

 

5,000万円の予算でご購入をお考えの場合、相場が1%下がったとしても50万円しか物件価格は下がりませんので、上記の家賃の場合は1年間で4%近く相場が下がらないと損はしない計算になります。

 

ここ最近は相場の変動が横ばい傾向で安定していますので、「欲しい」と思った時が「買い時」と言えます。

 

そして弊社なら、仲介手数料をお得にご利用いただけます。

REDSを利用しなければ、割高な物件を買ったのと同じくらい損をしてしまうかもしれません。

そして弊社をご利用の際は、是非、菅原をご指名ください。

 

皆様からのお問合せ・ご相談をお待ちしております。

よろしくお願い申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る