仲介手数料無料または割引の不動産流通システムREDSの進藤です。

 

猛暑が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏休み真っ盛りで、ご家族と外出される方も多いと思います。海やアウトドアも良いですが、涼しい室内で、映画を見るのも最高ですよね。(私は、映画館にいる時間が大好きです!)

 

この夏公開される作品は、人気シリーズの続編やスピンオフ、人気監督の最新作など、必見の作品が目白押しです。

 

私は、シリーズものは律義に全て見ていく真面目な性格で(自分で言いますが)、代表的なものですと、先日シリーズ集大成の完結編が世界歴代最高の興行収入をたたき出した、アベンジャーズ/エンドゲームが属するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画は、いまのところ大方見ております。

※シリーズ中「キャプテンマーベル」だけまだ見ていません。それでも20作以上は見ていることになると思います。

MCUのフェイズ3(興味のない方には意味不明なワード…。)の最後を飾る、スパイダーマン最新作ファーフロムホームも、エンドゲームからつながるストーリーで、このシリーズを見てきた方であれば充分楽しめる作品になっていて、おすすめいたしたいです。(個人的にはトビー・マグアイア演じる最初のスパイダーマンが好きです。)

 

8月2日から公開の「ワイルドスピード」シリーズのスピンオフであるスーパーコンボも、ヒット間違いなしの外れのない痛快アクション大作で、私自身も早々に見たい作品です。(ちなみにシリーズ8作全て見ております。)

 

また既に大ヒットしている「アラジン」は吹替版を先日見ましたが、実写版は思った以上に良い出来で(ウィル・スミスのCGのジーニーを心配しておりましたが、ぴったりはまっていました!)実際のキャストの歌声が聞ける字幕版も、是非見たいと考えています。大人でもお子様方とでも楽しめる、是非見ていただきたい作品です。

 

その他にも同じディズニーの実写化「ライオンキング」や人気シリーズの「トイストーリー4」、人気の新海誠監督の最新作「天気の子」、タランティーノ監督の最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を楽しみに見ていきたいと思っております。

 

面白かった映画がありましたら、是非教えてください!(私はおすすめ頂いた映画も、やはりきっちり見るタイプです。)

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料はすべて割引!さらには無料になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る