成約御礼

 

皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「割引・最大無料」の【REDS】の渡部親三です。

 

4月から販売活動を開始した「シティテラス草加松原シーズンズ」。

 

新規物件 【シティテラス草加松原シーズンズ】

 

この度ご契約となりました。

 

近隣で大型の新築マンション(総戸数300戸越え)が分譲中で「常に」その物件と比較されるという条件での販売活動でした。

 

当物件の方が駅への距離は2分ほど近く、立地的にはこちらにやや分がありました。

 

ただ「新築」はやはり強力で「理屈」を超えているところがあります。

 

沿線の電車に乗れば社内や各駅でその新築の広告が嫌でも目に入ってきます(ライバルの新築は沿線の鉄道会社が売主ということもあり、沿線での露出はそれはもう「凄まじい」レベルです)。

中古物件であるこちらの物件はまともに戦っては勝てません。

 

 

新築は【夢】を売り、中古は【現実】を売る。

 

 

長年仲介業務に携わってきた実感です。

【夢】は強力です。なかなか厳しい戦いにならざるを得ません。

 

ただ築年数で4年程度の差ですが、駅により近いわが中古物件とその新築物件は、10年後20年後どうなっているでしょうか?

 

おそらくその時点での転売価格は駅により近いこちらの中古物件の方が高くなっていると思います。

数年は「新しさ」がアドバンテージになるでしょうが、どんな物件も中古になり【現実】と闘っていかねばなりません。その時・・・ほとんど同じ条件の物件の場合、駅から距離は大きな評価の差になってくるはずです。

 

 

弊社は「両手仲介」を原則行わないため当物件を見学に来られるお客様(買主様)を直接私が接客することはありませんでした。

 

ご案内は多い中で、案内してくれる仲介業者の方からの報告で「近隣の新築に負けました・・・」という内容を毎回聞く度に、自分だったら上手く説明できそうなのに・・やはり新築は強力か・・・というもどかしさが常にありました。

 

 

 

「そりゃあ新築は良い。でも中古も良いですよ。だって10年後、どちらの物件が高く売れると思いますか?・・・みんな中古になるんですよ・・・」

 

 

 

 

こうしたアピールを皆さん繰り返してようやくピッタリ合うお客様が見つかったということなのだと思います。

 

すぐ近くで300戸を超える大規模新築が分譲していることの大変さを実感した数カ月でした。

 

 

さてこの物件とは無関係ですが、晴海の大型物件はどうなりますかね。あの物件は【レガシー】とか【モニュメント】といったこれまた強力な【物語=ストーリー】があるので、近隣の中古物件は難しい戦いを強いられるでしょうね。業界にいる者として今後の推移は楽しみなところもあります。

 

皆様も【夢】に出会ったときは【現実】、リアルな【その後】を考えるようにしてください。

 

それではまた。

 

 

渡部親三

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入・売却のフォームへの遷移版

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルはマスコミからも注目されています。「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各種媒体でも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら:0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る