家売る女の逆襲 最終話

 

いよいよ最終話

 

いきなり告知事項のある物件

自殺や他殺 それ以外にお客様に先に伝えた方が良いと思われる事項がある物件

賃貸と売買では告知期間が変わってくるようです。

以前取引した時に弁護士に相談したところ

自殺他殺があった不動産の売買の場合

おおよそ10年は、伝えなければならないと言っておりました。

また賃貸の場合 継続して同一人物が3年以上住めば、次の方に伝えなくても良いと言っておりました。

 

忘れられる権利もあるかと思いますが、知っていたら買わなかった

って事にならないように 伝えていかなきゃいけない

知っている以上は伝えた方が良いと思います。

 

ちょっと営業所のグラフ

金額まではわかりませんでしたが、相変わらずのサンチーの数字

復活した足立チーフ

1年後の設定でも残っている鍵村(クビにならない程度の数字は上げているんでしょうか)

 

さて今回の本筋はどおも地上げの様ですが、、、

サンチーのマジック好きに関する伏線の回収の回の様でした。

 

家売る女が終わってしまうと、ブログのネタが無くなってしまうのが残念ですが

このネタも今回で終わりです。

 

最後に屋代課長が部長に

足立課長に

サンチーは代表取締役社長 新宿営業所売買仲介営業部部チーフ

少し見えるグラフでは、流石にサンチー 売り上げ0でした。

 

山田和子ちゃんの話も回収して

家売る女の逆襲 終わりました

また来年位に復活して欲しいですが、

社長までいってしまったから、復活は無いのかなぁ

 

ここからREDSの宣伝

REDSであれば、今回全ての取引の仲介手数料は

買主様から頂く仲介手数料は最大無料 すべて割引になります。

 

気になる物件がございましたら、その物件のURLや〇〇マンション ◎◎万円等

物件の情報をお教え下さい。

仲介手数料がいくらになるか、ご紹介しても大丈夫な物件なのかお教えいたします。

 

私、手塚竜也のプロフィールはこちらです。

REDSでは、売るときも買うときも一生懸命お手伝いさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

購入・売却のフォームへの遷移版

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料をすべて割引、さらには最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルはマスコミからも注目されています。「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各種媒体でも紹介されています。

平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら:0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る