倒福

菅野です。

先日、中国でマンションを売っている中国人の友人と話をしました。

今、中国で住宅ローン審査を入れると、審査完了まで2~3ヶ月(驚)平気でかかるそうです。

金利は上昇基調で、不動産市況としてはかなり厳しくなってきているとのこと。

中国で住宅ローンを使う場合には、先に売買契約をして登記(のような名義変更)までいれる必要があるそうで、ローン不調での解約時には売主も買主も損害を被るそうです。

また、売る際に相手の身分確認は非常に重要で、その町に住めない人に売ってしまうと最悪だと言っていました。

(中国では、引っ越しの自由はなく、住む場所は政府によって決められており、農村から市街地へ勝手に引っ越すと罰せられるらしいです。)

先日、その確認する書類を偽造して買おうとした輩がいたらしく、後始末で大変だったと言っていました。

 

一年に一度、日本に遊びに来る友人ですが、毎回、これ以外にも非常に興味深い話を聞くことができるので、彼と会うのは非常に楽しいです。

また来年も会って、よもやま話に花を咲かせたいなぁと思っています。

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーコールはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る