皆様、こんにちは。

 

毎度おなじみ、売るときも買うときも「仲介手数料無料」もしくは「仲介手数料半額」の、急に気温が下がるという予報に、無駄に厚着をして、なぜか電車の中で汗だくになるという、不動産流通システム・REDS【レッズ】高坂(こうさか)です。

 

政府は、来年(2019年10月)の消費税増税にあたり、住宅購入の支援策として住宅ローン減税が受けられる期間を現行の10年から1~5年ほど延長する調整に入ったというニュースを以前にお伝えしましたが、10年間から13年間に延ばす方向に変わったようです。

今月中旬にまとめる与党税制改正大網に盛り込む方向のようです。

 

内容が少し複雑になるようで、2020年末までの間に住宅を購入した人に限り、控除期間を3年間延長する予定です。

さらに、この3年間の控除額は、建物価格の2%分の額と、ローン残高の1%を3年間還付した場合の額を比べ、いずれか少ない方にするというものになりそうです。

詳細は、決定してみないとわかりませんが、なんだかチラッとみるだけでも混乱しそうな予感がいっぱいです←

なんとか分かり易い制度にならないものでしょうか?

 

 

REDSでは、優秀なエージェントを揃えてお待ちしております。

そのうえ、お好きなエージェントがご指名いただけます。

なんと指名料はかかりませんwww

皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

仲介手数料が無料とか半額とか「???」と思っていませんか。

「仕事がいい加減なんでしょ」、「別にかかる費用があるんでしょ」、「そんなうまい話があるわけない」と思っていませんか?

 

今まで、REDS【レッズ】をご利用いただいた多くの売主様・買主様も、皆さま初めはそう思っていたと思います。

それでも、「本当に仲介手数料が安くなるのなら・・・」と思ってお問合せをいただいた結果が、

【弊社HP(VOICE|お客様の声):https://www.reds.co.jp/voice/

に集められています。

手前みそですが、びっくりするくらい大絶賛です。

どうぞ、ご自身の目でご覧になってみてください。

 

信じるか信じないかはあなた次第です。

次は、あなたの番かもしれませんね。

 

それでは、またお会いしましょう。

 

 

 

購入・売却のフォームへの遷移版

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルはマスコミからも注目されています。「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各種媒体でも紹介されています。   平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら:0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る