REDSエージェントの坂爪です。

 

先週末、2件のご契約で「宅地建物取引士」として、重要事項説明をして

来ました。

 

物件の調査や、契約内容の調整等、契約書・重要事項説明書の作成には意外と

時間と手間がかかりますので、書類が一式整うのは契約の直前になるケースも

多く、実際に契約された経験のある皆様も、詳細な内容は、契約に行って初め

て知った(聞いた)と言う方も多い事と思います。

 

私の場合には、可能な限り事前にお客様に契約書や重要事項説明書をお渡し

して、契約前に目を通しておいて頂く様心掛けております。

 

 

さて、契約時の重要事項説明ですが、これは意外と担当する取引士や、会社

の方針によって違いがあります。

 

とにかく、一言一句契約書や重要事項説明書に書かれている内容を、朗読

するパターンが有りますが、個人的にはこのやり方には???疑問を感じて

います。

 

重要事項説明は「説明」であり「朗読」ではありません。

 

契約書や、重要事項説明書は、専門用語も多く文語体で書かれていて、

はっきり言って「解り難い」内容です。

 

これを、書かれたとおりに朗読したところで、お客に理解頂けているとは

限りません。

 

口語で解りやすく話し、疑問点を解決して「理解して頂く」事が私の考える

「説明」です。

 

契約とは、法律行為ですので、締結後には、権利と義務が発生します。

後から「聞いてない」「知らなかった」は通りません。

 

皆様も、なるべくなら契約前に、契約書や重要事項説明書を手配して

事前にゆっくりと目を通しておかれる事をお勧め致します。

 

目を通してみて、理解が出来ない分部や、疑問に感じた事を整理して

契約に臨んで頂く事で、後々のトラブルを防いで、安全・安心な取引

が出来る事と思います。

 

担当者に「事前に契約書や重要事項説明書をください」と伝える

事は、全く悪い事ではありませんので、遠慮なくご依頼ください。

Rマンション

新築と中古の両方のよいところを取り入れた第三の選択肢。それがRマンション

「Rマンション」とは、東証一部上場企業のヒノキヤグループの不動産流通システム(REDS)が、既存マンションのキッチンやバス、トイレなどの水回りを中心とする基本設備を再生して、納得感のある価格で販売するマンションです。

快適性と安心感は新築なみ!月々のお支払いは中古なみ! Rマンションはそんな新しい選択肢です。

最新キッチンにピカピカのお風呂・保証も充実。新築の快適性を中古価格で提供!

Rマンション物件を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る