みなさま、こんばんは。

 

 

【仲介手数料無料または半額】不動産流通システムの桶谷です。

 

 

先日ご案内の際、エレベーター内のディスプレイを見ていたら、「三毛猫の雄が生まれてくる確率は3万分の1」という、どうでもいいニュースが流れていましたが、エレベーターに乗ると点検業者がどこか籠内をキョロキョロと確認しております。概ね、分譲時からの当初仕様ではエレベーターメーカーがそのまま点検業務を行っているので、エレベーターメーカーのシールが貼ってあることが多いのですが、コスト意識が高い管理組合だと、エレベーターメーカーでは無い、所謂、独立系のエレベーター点検業者さんのシールが貼ってあります。(エレベーターメーカーが点検されている場合でも、フルメンテナンスからPOGに移して、経費削減している場合もありえますが、)

 

 

その他にも、マンション管理組合の経費削減アイデアとしては、共用部の火災保険の内容見直し、加入期間を長期に切り替える・共用部の電力小売事業者を変更する・共用部の電灯をLEDに変更する・(管理委託費を削減する為)管理会社をリプレイスする等がございますが、総戸数が少ない(=管理費収入が少ない)マンションをご検討される際は、あらかじめチェックされたほうがよいかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る