皆様こんにちは。

 

不動産売買の 仲介手数料が「無料・半額」の【REDS】の渡部親三です。

 

6月下旬に販売の依頼を受けた東日本橋のマンション「ガラ・シティ東日本橋」。

 

 

 

新規物件 5駅3路線利用な好立地! ~ガラ・シティ東日本橋~

 

 

多少の交渉も加味した価格設定だったのですが、販売前の目論見通り複数のお申込みをいただき、その中で満額まで買い上げていただいたお客様と契約する運びとなりました。

 

 

 

あっという間でしたね・・・

 

 

中央区は強いですねぇ・・・

 

 

価格は少し前に同じマンションで成約した例よりも若干高かったくらいだったのですが、売り方を間違えなかったため早期に結果が出ました。

 

某銀行の不正融資の問題が発生して不動産投資の世界はやや弱含みという感じですが、物件によってはよく売れていますね。

 

 

 

オーナチェンジの物件は実需の物件と異なり、賃借人が入居中のため内見することが原則としてできません。

 

 

そのため販売の方法も実需の物件とは異なります。

 

 

デスクワーク中心というか、「資料の精査」と「契約条件の折衝」が中心です。

 

実需の物件の場合、買換えなど複数の売買契約が関連するものもありますが、通常は当該物件の売買条件を取り纏めればそれで終わりです。

 

部屋の印象をよくするためにクリーニングを手配したり、内見の日時を調整してご案内に立ち会ったり、鍵を借りに行ったり、という作業が中心です。体を動かかします。

 

オーナーチェンジ物件の場合は、「建物賃貸借契約」、「連帯保証契約」、「賃貸委託管理契約」など複数の契約が絡んでくるので、それらを承継する手続、解除する手続、変更する手続などが必要になります。書類を読み込む作業が大半で、地味ですが意外と作業が多いものです(このため仲介業者の中には面倒がって嫌がる者も結構いたりします)。

 

 

ただ「炎天下の中スコップで土を掘って土地の境界石を探す」といった作業はありません・・・

 

 

個人的には猛暑日が続くこの時期には大変ありがたいです(笑)

 

 

皆様も水分補給を心掛け熱中症には十分お気を付けください。

 

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る