アパートの購入について

 

安定した収入を見込みたいと思うときに、家賃収入が良いと考える人は多いですよね。
アパート経営はある程度の決まった手間はありますが、ほとんど管理会社の委託で済むことが多く、連絡のやりとり以外はあまり自分で動くことがないため、忙しいサラリーマンにとても人気があります。

 

良い物件を購入してしまえば、あとは難しくありません。
そのため、出だしの良い物件を購入できるかどうかが非常に大事になります。
(そこが一番難しいですが)

 


では、良いアパートがあったとき、購入する時の手順や注意点はどのようになるでしょうか?

 

アパートも基本的にローンで購入する事が一般的ですので、アパートローンを利用します。
その際住宅ローンと違う点は、事業となり投資用ローンとなりますので、銀行の審査が厳しくなります。

 

多くの金融機関では、年収が700万円以上、預貯金・株等の資産が物件価格の1割以上所有している事が望まれます。
銀行によっては物件価格の100%の融資が可能な銀行もありますが、審査ではあくまで保有しているかどうかを見られます。

 

購入の手順で住宅と違う点は、大きくはこの投資用ローン(アパートローン)です。
金利は1%台~4%までありますが、物件の構造や築年数、エリア、その方の年収や資産によって異なります。
そのため、融資金額があまり出なかったり、金利が思ったより高かったりしますので、単純に利回りが良い物件が良い物件とは限らない訳です。

 

アパートを購入する時は、まず融資の事も含めて、自分が購入したいと思う物件のイメージと、融資を含めた賃貸経営の形をその道のプロの不動産業者に相談する事がおすすめです。

 

私が100棟以上売買してきた中で、お客様がうまく行かない事が多かった事は、買いたい物件に思う通りに融資が出なくて買えないという事を、繰り返している事です。

 

利回りが良くても融資付けが悪く、キャッシュフローがマイナスになる物件があれば、利回りがそれほど良くなくても融資付けが良く、良いキャッシュフローが出る物件もあります。

 

まずはご自身の理想と、実際にできる事を擦り合わせる事が重要です。
そうすれば視野が広がり、今まで以上に良い物件を見つける事ができるようになります。

 

また、投資用不動産で危険なのは、不動産業者を信用しすぎて全てをお任せしてしまう事です。
予定通りにならず、大問題になったシェアハウスもニュースでは有名ですよね。
その一方で、賃貸経営で安定した生活をしている方がいるのも事実です。

 

投資用不動産を100件以上売買してきました、私「北山」に是非ご相談ください。
まずはご自身の中で強味・弱みを知ることが、一番のリスク回避、投資の成功への道です。

 

仲介手数料無料・半額割引の㈱不動産流通システム
安くても質の高い仲介業務を目指します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る