菅野です。

GW休み中に片付けをしていたら、昔、私が借りた部屋の賃貸契約書が出てきました。

不動産賃貸・売買の仲介をする際には、不動産業者は「重要事項説明書」(以下、「重説」と略します)を作って説明をしなければなりません。

借りたときの重要事項説明書が面白かったのでアップします。(個人情報は削除してます、悪しからず。)

 

最初に借りたのが、調布のワンルームマンションでした。

平成6年重説

平成6年(1994年)の重説です。これ一枚です。

これ重説じゃなくて精算書だろ、というような内容です。

当時はこの程度でよかったのだなぁと思うと、うらやましい限りです(苦笑)。

家賃の日割りが多めに取られてて笑いました。ちゃんと確認しろ、当時の俺!

うっすらと覚えているのは、雑誌で物件を探して新宿の業者にいったら、玄関のナンバーロックの番号と地図を渡されて、直接一人で現地に行かされて内見したことです。

私、めっちゃカモでした(笑)。

案内もなくてこの重説で家賃一か月分の仲介手数料がもらえて、不動産業者にとっては良い時代だったのだなあと思います。

 

その5年後に今度は金町でアパートを借りてます。

平成11年重説

平成11年(1999年)の重要事項説明書です。

少し内容が充実してきます。(エイブルさんです。)

平成11年重説裏

重説の裏面です。契約解除に関する事項などが記載されています。

暴力団排除の文面もあります。

預り金1000円が意外にも良心的と思えてしまいます。

 

ただ、これでも今の重説からすると説明不足です。枚数で考えるのもなんですが、少なくとも表裏2枚くらいになりますでしょうか。

東京都の場合には、重説に加えて「賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明書」というものも交付されます。

また定期借家契約の場合には、その説明書も別途交付が必要です。

 

 

実はこの2年後に家を買っているのですが、さすがにその重説はお見せ出来ません。(すみません)

でも、その時の売買の重説も結構簡単だったので、今見返すとビックリです。

 

規制が強化されれば、業者のやることは増えます。

その分、皆様の取引は安全になっているはずです。

(本当かな?ホームインスペクションのあっせんとか、重説には要らないよね。)

 

あと、家賃高かった!今の家賃はかなり下がっているんだなぁと本当に実感しました。

デフレだったんだなぁ、失われた20年!

 

雑感ばかりで失礼しました。

以上、本日も私のブログをお読みいただき有難うございます。

 

●ご存じですか? 不動産売買の仲介手数料は半額以下になることを

東証一部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルは、「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各メディアでも紹介されています。    平日・土日祝日も営業中(10:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら0800-100-6633


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る