皆様

 

 

こんにちは。

こんばんは。

信頼と実績

樋口でございます。

 

 

さて、

明治29年より続いた現行の民法が、

平成32年6月までに改正されます。

 

 

不動産取引の約束事は民法に則りますので、

大きな変化になります。

 

 

特に、物件の欠陥をさす瑕疵という文言は撤廃され、

契約不適合となります。

これによりまして、

売却契約時に売主が知っていた、知らなかった、

買主に告知した、しなかったにかかわらず、

売買物件の欠陥により、買主が目的を一部でも達せられない場合は、

代金減額請求が可能になります。

 

 

いずれにいたしましても、

施行後の契約書は「民法の定めにかかわらず~」特約が多く盛り込まれ、

複雑な内容となることでしょう。

 

 

 

売買や賃貸をお考えの家主さん。

ご興味がございましたら、

こちらの本をお勧めさせていただきます。

 

 

住まい 広がる 夢広がる。

担当は 樋口でした。

購入・売却のフォームへの遷移版

東証二部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルはマスコミからも注目されています。「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各種媒体でも紹介されています。

  平日・土日祝日も営業中(9:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら:0800-100-6633

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る