当社は、昨年1月20日に株式会社桧家ホールディングス(代表取締役社長:近藤 昭、本社:東京都千代田区、以下「桧家ホールディングス」)を引受先とする第三者割当増資を行いました。

 
この度、当社の資本業務提携先である桧家ホールディングスが、3月22日に東京証券取引所市場第二部に上場いたしました。これにより桧家ホールディングスは、同取引所および名古屋証券取引所の2市場での上場銘柄となります。
 
桧家ホールディングスは、同社を中心に連結子会社13社でグループを構成し、注文住宅事業、不動産事業、断熱材事業、リフォーム事業、介護保険事業を展開しており、順調に業績を伸ばしています。グループでの平成29年12月期の業績予想は、「売上高107,000百万円(前期比14.9%増)、営業利益6,700百万円(前期比9.8%増)、経常利益6,700百万円(前期比9.1%増)」とされています。(業績予想は、株式会社桧家ホールディングス平成29年3月22日発表「東京証券取引所市場第二部上場に伴う当社決算情報等のお知らせ」より抜粋)
 
当社と桧家ホールディングスとの資本業務提携は、当社の社会的信用を高め業容の拡大を目的としておりますが、この度の桧家ホールディングスの東証二部上場後も、引き続き同社のグループ会社として、東京23区内での不動産仲介業務をさらに積極的に展開してまいります。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る