上場グループがお届けする仲介手数料最大無料のサービス

エージェントインタビューInterview

鈴木 朋子

すずき ともこ

  • #01

    趣味や休日の過ごし方を教えてください。

    ここ4、5年、パワーチャージして運気をあげようと神社仏閣めぐりによく出かけています。御朱印もずいぶんいただきました。このほか、休日には実家に帰って81歳でまだまだ元気な母や妹と食事などに出かけることが多いです。また、週に1度は健康のためにホットヨガに通って汗を流しています。

  • #02

    出身地や地元での思い出話などお聞かせください。

    東京の練馬です。幼いころは埼玉県新座市で過ごし、小学校は1時間かけて通い、その道のりは楽しい思い出がたくさんあります。現在は西荻窪に住んでいます。

  • #03

    REDSに入るまでの経歴を教えてください。

    社会人最初は銀行に入社し4、5年、預金窓口の業務を担当しました。そこから宝石販売や訪問販売の仕事を経験しましたが、一生できる仕事はないかと考えたときに、人間にとって必要な「衣食住」のうち、「住」にしようと思い、大手不動産会社に入社し不動産売買仲介の仕事を15年くらいやりました。

    社内の人が独立して不動産会社を設立するのについて行くことにしました。でも、なかなかうまくいかず、在宅勤務ができるREDSに魅力を感じて入社しました。

  • #04

    REDSに入って、他の不動産会社との違いを感じたことは?

    まず、全く集客をしなくてもいいことでしょうか。反響をいただいたお客様を順番に担当させていただき、同時に5件くらいを受け持つことで、仕事が回っています。

    そしてなにより、本当に在宅勤務で仕事が成立していることです。午前中は家で起きてすぐメール返信をこなして、落ち着いたら掃除したり、ランチをお友達と食べに行ったりと仕事がなければ自由にできちゃう。女性の場合は化粧したり用意するのに1時間ぐらいはかかります。決まった時間に会社に行くためにその1時間を捻出するストレスがなく、通勤時間の無駄がないことは画期的だなと。

    REDS最大の特長である「仲介手数料の割引から最大無料」についても、上限まで取る会社と売り上げがそれほど変わらないのも特筆すべきことだと思います。手数料は数百万円することが普通ですから、サービスがほとんど変わらないのなら、安いところで使った方がいいと思います。

  • #05

    REDSのアピールポイントは何でしょうか?

    私が大手不動産でお客様にしていたサービスと変わりません。他の営業の方ももちろん同じです。それなのに手数料が安いのは絶対にいいことです。また、エージェントの質が高いことです。前にいた会社には仕事ができる方とそうでない方といました。REDSの場合はできる人しかいないと感じています。

  • #06

    お客様への対応で心がけていることを教えてください。

    お客様はいろんな不安を抱えてはいるものの、担当者には質問しづらかったり、私たちにとっては前提知識であることも把握されてなかったりします。ですので、なんでも気軽に質問していただけるような雰囲気を作っていくことには特に気を付けています。加えて、メールや電話による問い合わせにはスピーディにして、安心感を持っていただけるようにしています。

  • #07

    得意とされている仲介業務はどのような内容ですか?

    マンション。戸建。土地。住宅ローン。どんな分野でも対応いたします。

  • #08

    この仕事を「やっていて良かった」と感じたことは?

    先日ですが、住宅ローンの融資が可能な銀行がなかなか見つからないお客様がいました。都市銀行はみんな断られたので、先輩に教えてもらった金融機関に聞いてみたところ、無事に審査がおり、とても喜んでいただきました。マイホームって一生に一度のお買い物といわれますが、そんな大事なお買い物のお手伝いができて、喜んでいただけるのは私にとっても大きな喜びです。以前やっていた訪問販売では買いたくないものを最後は買わせてしまうのが内心では嫌でした。今は嫌なものを無理にオススメすることはなく、本当に住みたい家を買うお手伝いができ、お客様から感謝され笑顔をいただけることはなによりの喜びです。

  • #09

    お客様へのメッセージをお願いします。

    REDSでは男性のエージェントがほとんどですが、女性ならではのマイホーム探しのお手伝いをさせていただきます。どんなに些細なことにも女性目線は宿りますので、男性にはなかなかカバーしきれないところでアドバイスができればと思っています。ただ、それ以前に「この人は何でも聞きやすい」なと感じていただけるような営業を心がけていますので、どんなことでもお気軽に相談していただければと思います。

エージェント一覧

不動産事業プロデューサー 牧野知弘氏による推薦の言葉

 世の中に名の通った大手でも、地域密着の中小でも、不動産会社に「仲介手数料」をたずねるとほとんどの場合「物件価格の3%+6万円」と答えます。でも私は知っています。それはあくまでも法律で決められた上限であり、定価ではないことを。だからREDSが行っている「仲介手数料の割引サービス」は、本当はとても自然な取り組みであり、これまでなかったことが不思議なくらいです。営業スタッフ全員が宅建士で、さらに上級資格の宅建マイスター認定者が多く在籍するREDSは、横並びの不動産業界に新たな息吹を吹き込むことでしょう。

オラガ総研株式会社 代表取締役 牧野知弘氏

東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現:みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て1989年三井不動産入社。数多くの不動産買収、開発、証券化業務を手がけたのち、三井不動産ホテルマネジメントに出向し、ホテルリノベーション、経営企画、収益分析、コスト削減、新規開発業務に従事する。2006年日本コマーシャル投資法人執行役員に就任しJ-REIT(不動産投資信託)市場に上場。2009年株式会社オフィス・牧野設立およびオラガHSC株式会社を設立、代表取締役に就任。2015年オラガ総研株式会社設立、代表取締役に就任する。著書に『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』『空き家問題』『民泊ビジネス』(いずれも祥伝社新書)『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)『2020年マンション大崩壊』『2040年全ビジネスモデル消滅』(ともに文春新書)などがある。テレビ、新聞などメディア出演多数

  • プロが解説、家売るドラマのウソ・ホント
  • Rマンション 新しいマンションの選択肢として私もお勧めします
  • 不動産のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔

フリーコールで
REDSに電話発信する