年中無休/10時〜19時 0800-100-6633
藤井 優子ふじい ゆうこ

コンビニが無人店舗を出店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公開日:2021年10月21日

 

ご覧いただきありがとうございます。
【REDS】不動産流通システムの藤井でございます。

 

皆様がいつもご利用されているコンビニのお会計は、店員の方とやり取りして、お会計をするお支払方法でしょうか?
最近、出先や自宅近くのコンビニ等でセルフレジの店舗が増えました。
はじめは便利な物ができたなぁと感心するだけでしたが、最近ではこうやって何かが進化するほどに雇用の場が失われるんだと感じています。

 

 

 

 

コンビニでのお買い物の時には、レジ袋が有料になってからお買い物バックを利用されている方も多いかと思いますが、お会計でレジ袋いりませんといったら、レジに立っている方は、ほぼやることがなくて自分だけがせかせかと買った物をお買い物バックに詰めているといった状況です。
とは言いましても従業員の方は、商品の陳列・宅急便発送の手続き・レジ横に並ぶ揚げ物の準備やその他にもいろいろやらなくてはいけないことも多いと思いますので、全くいらないというのではなく、今の人数程は必要ではなくなるのではないでしょうか。

 

 

先日の日経新聞で、こんな記事を見ました。
ファミリーマートは、郵便局内にコンビニの無人店舗を出店するそうです。
→ [コンビニ、人口減時代にどう挑む?]
 https://www.nikkei.com/article/DGXZQODL209LH0Q1A021C2000000/

 

 

雇用の場が失われるというネガティブなことだけではなく、この記事によりますと地方や過疎地等、本来出店出来ない場所にも進出できるとあります。
地方や過疎地でコンビニのない地域が307市区町村あり、その地域には郵便局が1000店舗あり、今後は現在ある無人の3店舗を2024年度末までに1000店を出店するとのことです。
このような無人の店舗が増えていけば、もしかしたら今後の地方の活性化にもつながるかもしれません。

 

 

 

 

 

カテゴリー:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る