仲介手数料無料!東京23区の不動産売買はお任せください - REDS(レッズ)
無料通話:0800-100-6633(平日・土日祝日9-19時・メールは24時間受付)

仲介手数料無料!東京23区の不動産売買はお任せください - REDS(レッズ)
無料通話:0800-100-6633(平日・土日祝日9-19時・メールは24時間受付)

不動産の購入・売却コラムcolumn

不動産会社選びのコツ

不動産会社選びのコツ

不動産を購入または売却する方にとって、はたしてどのような不動産会社を選べば良いのかは、とても悩ましい問題だと思います。

不動産仲介の場合、不動産会社が直接販売する「商品物件」を買うわけではないので、一概に「大手ブランドだから安心」と、言えるものではありません。

そこで、次のようなポイントに着目して選んでみてはいかがでしょうか。

【購入・売却に共通する内容】

サービスの質の確認

1.サービスの質の確認

全国展開していたり古くから地元で営業している不動産会社の中にも、専門性やサービスの質が低い会社がいまだに多く存在します。極めて高額で一生を左右しかねない不動産のことなので、会社の概要や方針はもちろん、営業担当者の専門知識(宅地建物取引士以上の資格)の有無、これまでの実績なども、遠慮せずに確認することが重要です。

また、希望する物件の内容を伝えて、類似案件の取り扱い経験や専門家としての助言を聞いてみると、営業担当者の知識量や交渉力も垣間見られることでしょう。

さらに、報告・連絡・相談といった円滑なコミュニケーションが期待できそうかなどを含め、総合的なサービスの質を見極めましょう。

仲介手数料と各種諸費用の確認

2.仲介手数料と各種諸費用の確認

これまでの不動産会社では、400万円を超える不動産売買の仲介手数料について、法定上限(物件価格の3%+6万円)と設定しているところがほとんどでしたが、近年はこうした上限の手数料率にとらわれずに、独自の安い料率を定める会社も出てきています。

仲介手数料は、不動産売買に掛るコストの中でも最大のものなので、物件を問い合わせる時点で、仲介手数料についても確認しましょう。また、いっけん仲介手数料が安そうに見える会社でも、諸費用として住宅ローンの紹介手数料や物件調査の費用、決済や引き渡し時の立会い費用などといった名目で請求するところもあるので、十分な注意が必要です。

【購入編】

紹介してくる物件に偏りは無いか?

1.紹介してくる物件に偏りは無いか?

多くの不動産会社では、両手仲介を目指して、自社で売主様から売却の依頼を直接受けている物件を紹介したがります。特に大手不動産会社では、「看板に信頼があるので、多くの売主様からお預かりしている物件があります…」とか、「しっかり分かっている物件をご紹介したいので…」などと説明し、自社の都合で物件を勧めてきます。

しかし、どんなに大きな会社であっても、すべての流通物件のほんの一部を扱っているのに過ぎません。ポータルサイトなどでお客様が興味を持った物件に対して、ネガティブなことから話し出す不動産会社だと、希望に沿った物件探しは困難です。

住宅ローンの相談ができるか?

2.住宅ローンの相談ができるか?

不動産を購入する多くの方は住宅ローンを利用します。だからこそ不動産の営業マンは、それぞれの金融機関が取り扱う多種多様な住宅ローンの特徴を理解しておく必要があります。住宅ローンアドバイザーやフィナンシャルプランナーの資格は、営業マンのスキルを見極めるうえでひとつの目安になります。

また、一定の基準を満たした不動産会社が紹介する住宅ローンの中には、金利の優遇が受けられるものもあるので、金融機関との提携住宅ローンの有無なども確認してみることをお勧めします。最近は、多くのネット銀行も住宅ローンを積極的に取り扱っていますので、豊富な選択肢を提案できる不動産会社が、お客様にとって有利です。

【売却編】

絶対に囲い込みをしない会社か?

1.絶対に囲い込みをしない会社か?

会社の規模の大小を問わず、媒介契約を依頼する不動産会社が、他社からの購入希望のお客様をシャットアウトしてしまう、いわゆる「囲い込み」を行っていないか十分に注意しましょう。

「責任もって自社のお客様をご紹介します…」や、「安心してご案内できるお客様のみを厳選します…」などの、買主様候補の間口を狭める説明は「囲い込み」の準備に入っている可能性があります。

あくまでも売主様にとって重要なのは、「高く買ってくれて、確実に売買代金を支払ってくれる人」に尽きます。

面談前に媒介契約の締結を求める会社には注意が必要!

2.面談前に媒介契約締結を求める会社には注意が必要!

不動産会社の中には、お客様と面談する前に媒介契約を結びたがるところもあります。先に契約を結ぶことで無駄骨を省きたいのでしょうが、物件価格の査定には、近隣の雰囲気や物件からの眺望、さらには売主様のスケジュールなども加味する必要があり、机上だけでは決まりません。

また、お客様に売却活動の流れや注意点をご理解いただくことも重要です。フットワークの重い営業マンでは、決して売る方にとって良い結果は得られません。

購入・売却のフォームへの遷移版

東証二部上場企業グループの不動産流通システム(REDS)は、不動産売買の仲介手数料を半額から最大無料としつつも、お客様からの満足度の高いサービスを実現しています。

広告宣伝費などのコストを徹底的にカットしつつ、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフの運営でサービスの質は高め、お客様に利益を還元しています。

・業界の常識を覆すREDSの新たなビジネスモデルはマスコミからも注目されています。「ワールドビジネスサテライト」「とくダネ!」などのテレビ番組をはじめ、各種媒体でも紹介されています。

  平日・土日祝日も営業中(9:00-19:00)です。お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤルはこちら:0800-100-6633

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • いつも、新しい答えを。桧家グループ
  • 不動産のリアル
  • マンション売却のリアル
  • REDSには宅建マイスターが在籍しています
  • 家売るオンナ
  • 実録 家売るオトコたちの素顔
ページの先頭へ
ページの先頭へ

フリーダイヤルで
REDSに電話発信する